中国旅游(観光)研究院が最近発表した「中国インバウンド国際観光発展報告2017」によると、観光産業が発展全体を牽引している。

写真拡大

中国旅游(観光)研究院が最近発表した「中国インバウンド国際観光発展報告2017」によると、観光産業が発展全体を牽引しているほか、査証(ビザ)の利便化、国際便の増加、免税業務の実施、観光年などの一連のイベントの展開など、積極的な要素が原動力となり、16年の中国のインバウンド国際観光市場は引き続き安定した成長を見せた。また、市場の構造も最適化が進み、国際観光黒字がさらに拡大したほか、「一帯一路」(the Belt and Road)参加国のインバウンド国際観光市場のアクティブ度も右肩上がりとなっている。北京、上海、広州、西安、成都、重慶、桂林、昆明、瀋陽などがインバウンド客に人気の観光都市となっている。人民日報海外版が報じた。

16年、中国のインバウンド国際観光市場の規模と消費は引き続き増加し、特に、外国人観光客の増加が際立っている。同年、中国のインバウンド客は前年比3.5%増の延べ1億3844万3800人と、過去最高数を更新した。うち、外国人は前年比8.3%増の2815万1200人と、世界金融危機以来最高数を記録した。旅行者対象の税金払戻制度がインバウンド国際観光消費増加に大きく寄与している。同年、中国のインバウンド国際観光収入は前年比5.60%増の1200億ドル(約13兆4400億円)と、引き続き安定した回復傾向にあり、観光サービスの貿易黒字が102億ドル(約1兆1424億円)に達した。うち、外国人観光客の中国における消費額は前年比10.3%増の668億ドル(約7兆4816億円)と、急増した。中国のインバウンド客のうち、中国で1泊以上宿泊した客の数は前年比4.2%増の延べ5927万人だった。市場規模はフランス、スペイン、米国に継ぐ世界4位につけている。

インバウンド客の客源国・地域を見ると、香港地区、澳門(アモイ)地区、台湾地区が依然として主力となっている。16年、同3地区は依然として、中国大陸部のインバウンド国際観光市場の主力で、全体の79.67%を占めている。外国の客源国の構造は少し変化しており、トップ10は韓国、ベトナム、日本、ミャンマー、米国、ロシア、モンゴル、マレーシア、フィリピン、シンガポールとなっている。

中国を訪問するインバウンド客の主な目的は観光とバケーション。また、その主な情報源はサイトや掲示板、友人の紹介などだ。訪問先を決める際に参考にする主な要素は、交通アクセスや天気、生活情報、観光商品・サービスの紹介などだ。最も人気なのは、美しい自然風景や文化財・古跡、グルメ。その国際観光支出の水準は依然として低く、インバウンド客の60%の支出額が1001-5000ドル(約11万2千-56万円)に集中している。(提供/人民網日本語版・編集KN)