首位撃破の立役者となった遠藤。マークにつくDFを振り切った切り返しは鮮やかだった。(C)J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

[J1リーグ30節]横浜 3-2 鹿島/10月21日/日産ス
 
 点の取り合いとなった鹿島との一戦。途中出場から勝負を決するゴールをねじ込んだ横浜の遠藤渓太は、実は試合前にある選手のプレーに刺激を受けて決戦に臨んでいた。
 
「試合前にフロンターレのゲームを見ていて、三好(康児)君がゴールを決めて、頑張っているなと思った。他のチームの若い選手の活躍っていうのはやっぱり、少なからず刺激になっています」
 
 この日、川崎が広島相手に3-0の完勝を収めた試合(14:03キックオフ)で、三好は前半終了間際にゴールを決めている。同世代のアタッカーの活躍に負けまいと、トリコロールの18番も高いモチベーションでピッチに立ち、首位撃破の立役者となった。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)