桜井ユキと高橋一生らが21日、都内でおこなわれた、映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』が公開初日舞台挨拶に登壇。桜井と高橋は、共演の満島真之介らとともに、この映画でメガホンを取った二宮健監督の映画に、また出たいという願望を明かした。この日は他に共演の佐々木一平、阿部純子、ジャスミン、円谷優希らも合わせて登場した。【取材・撮影=桂 伸也】

 『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』は、二宮監督商業映画デビュー作品。田舎を飛び出したヒロインが、とあるサーカス団に身を置く中で、様々な出会いを経験しながら妄想と現実の狭間をさまよいながら、一つの岐路に行きつく姿を描いたストーリー。妄想と現実を行き来するヒロイン・オリアアキ役を桜井、その人生に大きな影響を与える人物・カイト役を高橋が務める。

 「ちょうど一年前に今日は撮影をしていたぐらいの時で、すごく今日を迎えられてうれしいです!」と語る桜井は「本当に本(脚本)が素晴らしくて、最初に本をいただいた時に、このオリアアキという役をやれるということが胸に響いたというか、本当に惚れ込んだ」と振り返る。

高橋一生

 この日満島が披露した、劇中のキャラクター・ときめきチャーリーから投げ掛けられた「妄想してみたいこと、妄想していること」という質問に、今回の撮影の喜びを語りながら「主演とは言わないので、また出させていただけたらなと思っています」と再びの出演希望を告白。それに満島は「あんまり責任のない状態でね、チャーリーの様になりたいと」とツッコミを入れられ、笑いを誘う。

 一方で「一年前に撮影を始めて、皆さんの前で見せることができるというのは、ちょっと感慨深いですね」と語る高橋も、二宮監督の世界観が好きであることを明かしながら「こういう形で上映する機会をいただけて、この役で、このキャストの皆さんで、お仕事ができたということを、皆さんの目の前で見せられることが、こんなにうれしいと思ったことは、今まであまりなかったかもしれないです」とこの日の思いを感慨深く語りながら、「二宮健監督でまた作品を一緒にやりたい。本当に二宮健と一緒にまた映画をやりたいと思っている」とコメント。

 満島から「あざとーい! その言葉!」と突っ込まれながらも「僕も出たい!」と続けると高橋は「一緒に行こう!」と満島に誘いの言葉を投げ掛け、会場を沸かせた。

 またちょうどオファーを受けた際に、メキシコにいたという満島は「メキシコの気分になっていた」と明かしながら「その日だけちょうど空いている日が撮影日だと言われて。これも大きな一つの縁だなと思いました」とその際の思いを明かし「本当にもう一回、また次の、監督の脳みその中で、妄想して紡ぐ映画の世界を、皆さんに届けられたらと思います」と高橋、桜井同様に次作以降の二宮作品出演への思いを語る。

桜井ユキ、高橋一生

 そして二宮監督はこの作品に込めたことというのは、「変わることとか、日常を打破していくことに対して、運やラッキーを待っていると、多分歳月ばかり流れていくと思う。だけどそんな中で全員に与えられた平等に与えられた力というのは、妄想や、想像、イマジネーションすることだと思うんです」と映画に込めたメッセージを明かしながら「そういうものが、今日の映画に映っていればとても面白いなと思いました。(この映画は)そんな旅を、このスタッフ、キャスト、とくに(桜井)ユキちゃんとは一心同体になって頑張った結果です」とキャスト、スタッフらへのねぎらいとともに自身の作品をアピールし、観衆からの拍手喝采を受けていた。

高橋一生 高橋一生 桜井ユキ、高橋一生 桜井ユキ、高橋一生、満島真之介ら 桜井ユキ
満島真之介