もうこれ一眼レベル!「PowerShot G1 X Mark III」は高画質コンデジの決定版です!

写真拡大 (全5枚)

手ごろな価格のコンデジを愛用しているけど、やっぱり一眼のような機能が欲しい。そう思っている方にピッタリの製品が登場しました。キヤノンから登場したのはコンデジでありながら、大型センサー、光学3倍ズームレンズ、そしてファインダー付きのモデル。なんと400gを切るという軽量コンパクトボディですから、秋の行楽でキレイな写真を撮影したいという場合にはピッタリです。

キヤノンから登場する「PowerShot G1 X Mark III」(販売予定価格13万7700円 11月下旬発売予定)。注目はなんといってもキヤノンのコンデジでは初となるAPS-C サイズ・有効画素数約2420万画素のCMOSセンサーを採用したこと。EOSシリーズなどに搭載している大型センサーによって、広いダイナミックレンジや豊かな階調描写を実現しています。

▲センサーサイズの比較

それに加えて新設計の大口径光学3倍ズームレンズも搭載。美しいボケ味や豊かな階調を表現した撮影が可能となっています。一方、映像エンジン は「DIGIC 7」を 搭載し、高感度撮影時のノイズ耐性や高解像度を実現。とくに室内や夜景シーンなどにおいて低ノイズで高画質な撮影ができます。

また、ファインダー付きというのもポイント。日差しが強く液晶が光って見づらい時でもファイダーがあれば安心です。ファインダー撮影時には、内蔵する高精細 EVFとタッチ操作が可能なバリアングル液晶モニターが連動。EVFをのぞきながら EVF上に表示されたAF枠を液晶モニターのタッチパネル操作で移動できるので、直感的なピント合わせが可能というのも嬉しいところ。

▲EOS アクセサリーとの連携や専用アクセサリーにより幅広い撮影表現に対応

プロのように高速で精度の高いピント合わせができる「デュアルピクセルCMOS AF」も搭載。一眼レフには憧れるけど重いからやっぱりコンデジがイイという方や、一眼レフにさらにもう一台追加したいという方にオススメです。

>> キヤノン「PowerShot G1 X Mark III」

 

(文/&GP編集部)