湘南ベルマーレ、次節にも昇格決定か【写真:Getty Images】

写真拡大

 明治安田生命J2リーグの第38節の試合が21日に行われた。首位を走る湘南ベルマーレは、J1昇格決定に再び王手をかけている。

 早ければ先週末の15日に行われた名古屋グランパス戦でJ1復帰を決められる可能性もあった湘南だが、結果は2-3の敗戦。3位のV・ファーレン長崎も勝利を収めたことで、湘南の「王手」は一旦取り消され、今節で昇格を決められる状況ではなくなっていた。

 だが21日の試合では、湘南は愛媛FCをホームに迎え、前半に秋野央樹が奪った1点により1-0で勝利。一方、湘南を追う3位長崎と4位名古屋の直接対決は1-1の痛み分けに終わっている。2位のアビスパ福岡は、22日に行われる試合でジェフユナイテッド千葉と対戦する。

 これにより、湘南は再び次節にもJ1昇格を決められる状況となった。ホームでファジアーノ岡山と対戦する湘南が引き分け以上、あるいはアウェイでロアッソ熊本と対戦する長崎が引き分け以下なら湘南の昇格が決まる。湘南が敗れて長崎が勝った場合でも、福岡が22日の千葉戦と次節の東京ヴェルディ戦で勝ち点合計2ポイント以下ならやはり湘南は昇格決定となる。

 昇格と同時に、J2優勝を決められる可能性も十分にある。降格からわずか1年で再び歓喜の時が近づきつつある。

text by 編集部