提供:リアルライブ

写真拡大

 都市伝説は洋の東西を問わずどこの地域でも存在する。

 毎年、お盆の頃になると北京では「霊界バス」という都市伝説が囁かれるという。

 お盆になると北京からは、早朝から各地方への始発バスが出る。

 大都会・北京から大勢の帰省者を送り出すバスというわけだ。近年のニュースでも話題になるが、この帰省は中国全土でかなりのラッシュになるため、バスの本数も格段に増えるという。

 だが、その沢山のバスに混じって「霊界バス」というお化けバスがあるらしい。

 そのバスは一見普通のバスだが、実は死人の乗るバスで、乗っているとあの世まで連れて行かれ死んでしまう。

 つまり、終点はあの世というわけだ。

 あるカップルが、お盆に田舎に帰省しようと始発バスに乗っていた。

 ラブラブな二人は車内でイチャイチャしていたのだが、横に座ってきたおじいさんが 彼女のお尻を触り大騒ぎになった。

 「このおじいちゃんが、私のお尻を触った!」

 「ほほほっ、触るぐらいかまわんじゃろう」

 「なんだと、爺さん、バスを降りろ。話がある」

 とぼける老人に対し頭にきた彼氏は、彼女を連れておじいさんと3人で次のバス停で降り、抗議し始めた。

 「なんでオレの彼女に触るんだ!!」

 彼氏はもの凄い剣幕である。

 「おまえさん達、よかったのぅ。この騒ぎのおかげでうまくこのバスを降りることができた。わしに感謝せんとな」

 おじいさんは飄々としている。

 「なんだって」

 「ふっ… あのバスは霊界バスじゃ」

 おじいさんが指差すや否やバスは消えていった。

 間違えて「霊界バス」に乗ったカップルをおじいさんが助けたのだ。

監修:山口敏太郎事務所