会社を辞めて家でネコとのんびり過ごしたい……きっと誰もが一度はこんなことを夢見るでしょうが、なんと実現させてしまった人がいました。

オーストラリアのリッチ・イーストさんは2年半前の2015年、一念発起して仕事を辞め、自宅や財産を処分してしまいました。

しかし、イーストさんが一つだけ手放せなかったものは黒い猫のウィロー。

「私がお別れを言えなかったのは、この子猫だった。一緒にウィローを連れていくことをハッキリと決めました」

こうして2015年5月、大型のバンに荷物を載せ、タスマニアのホバートを出発、オーストラリアを一周する2人の旅が始まりました。

ネコなのであらぬ場所に行ってしまうのではという心配の声もありましたが、首輪にトラッキングカラーが付けられており、居場所がわかるようになっているそうです。

http://www.vancatmeow.com/

2017年2月の時点でサウス・オーストラリア州に到着し、6つの州と2つの地域すべてへの旅を達成、いったん旅は終了しました。

「私はウィローをとても誇りに思っています。彼女は私の車を家にし、オーストラリア全体を裏庭にしたネコです。最高の旅行仲間です!」

旅の記録をSNSに投稿

イーストさんは2年半の旅について、インスタグラムに画像、Youtubeに動画を投稿していました。

動画にはイーストさんの旅を羨ましがるコメントばかりが並んでいます。

●天国にいるかのような生活ね。

●ウィローは世界一ラッキーなネコだね。あなたとウィローは素敵なペアだ。

●いいなあ、代わりたい

●夢があるなあ。

イーストさんのインスタグラムには、森の中でのんびり過ごし、時にはバンの中やハンモックでくつろくウィローちゃんの写真ばかりが並んでいます。

旅の写真をカレンダーとして販売

さらにイーストさんは、これまでの旅の写真をカレンダーとして販売することを決めました。2018年版カレンダーはイーストさんの公式サイト内で販売されています。

http://www.vancatmeow.com/

そのほか、ウィローちゃんのポストカードやジュエリーボックスといったグッズも販売されています。

何もかも捨てて最愛のネコと旅をする……そんな夢のような暮らしはなかなか実現しにくいですが、ウィローちゃんの画像を見ているだけで、なんとなく旅している気分になれそうですよ。