【警告】仙台=なし、清水=チアゴ・アウベス(33分)、フレイレ(90+2分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大岩一貴(仙台)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ30節]仙台 0-0 清水/10月21日/ユアスタ
 
【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
8試合ぶりの無失点は評価できるが、中野の欠場もあって、相手の守備ブロックを崩す強気な仕掛けが少なく、無得点に終わった。

 
【仙台|採点・寸評】
GK
21 関憲太郎 6
守備機会自体が少なかったこともあり、前に出る時、待つ時の状況判断が的確で、大きなミスはなかった。
 
DF
4 蜂須賀孝治 5.5
慣れない左サイドでのプレーということもあり、右サイドの時よりも縦突破やクロスボールを入れる回数が少なかった。

13 平岡康裕 6
大岩がチアゴ・アウベスの対応をして、そのカバーリングを担当。大きなミスも無く、前線へ攻撃の起点となるパスも出せていた。
 
27 大岩一貴 6.5
清水の唯一の攻撃パターンだったT・アウベスのカウンター攻撃をほぼ止めた。よく声を出し無失点に大きく貢献した。
 
50 増嶋竜也 6
パスミスはあったが、身体を張った守備で相手のカウンター攻撃を防ぐ場面も多かった。後半セットプレーでの決定機を決めきりたかった。
 
MF
7 奥埜博亮 5.5
守備では相手のカウンター攻撃の芽を摘もうと奮闘していたが、スペースを消されたこともあり、攻撃で効果的な動きが少なかった。
 
18 三田啓貴 5.5
安全なパス回しを優先してしまい、縦パスでチャレンジしていく形が少なかった。再三あったプレースキックも得点につなげられなかった。

29 古林将太 5.5(73分OUT)
湘南ユースの先輩である鎌田の厳しいマークに苦しみ、前半はなかなかクロスを入れられず、後半何本かのクロスも決定機につながらず。
 
16 野津田岳人 5.5
古巣相手で気持ちの入ったプレーを見せ、チーム最多の5本のシュートを放ったが、いずれも決めきることができなかった。
FW
30 西村拓真 5.5(81分OUT)
相手守備陣の間に入り込んで決定機を作り出そうとしたが、一瞬の判断の遅さから相手守備陣に間合いを詰められ、得点に絡めず。
 
11 石原直樹 6
スペースが無いなかでも、なんとか相手守備陣のマークを外そうと工夫をこらし、決定機も作ったが、ゴールを奪えなかった。
 
交代出場
MF
31 茂木駿佑 5(73分IN)
決定機を作り出そうと奮闘していたが、プレー精度が低く、2本のシュートも枠を捉えられなかった。
 
FW
20 クリスラン -(81分IN)
短い出場時間の中で、試合の流れを変えられず、ラストプレーのシュートも相手GKに止められてしまった。
 
監督
渡邉 晋 5.5
守備の修正には成功したが、川崎戦のショックからか攻撃で思い切った手を打てず、攻撃のリズムを変えられなかった。
【チーム採点・寸評】
清水 5.5
前節の反省を踏まえ、自陣で引いて守る割り切った戦いで勝点1を得たが、攻撃パターンがチアゴ・アウベスのカウンターのみだった。
 
【清水|採点・寸評】
GK
13 六反勇治 6
久々のユアスタで、持ち味の精度の高いロングフィードと確実なシュートストップを存分に見せ、無失点に貢献した。
 
DF
2 清水航平 6
前半は相手の突破に苦しむ場面も見られたが、後半はカウンターの起点となり、守備でも落ち着きが見られた。
 
3 犬飼智也 6.5
競り合いの強さを存分に発揮し、相手のクロスボールをはね返し、ディフェンスリーダーとしてチームに落ち着きを与えた。
 
26 二見宏志 6.5
古巣相手に気持ちのこもったプレーを見せ、背後のスペースのケアをほぼ完璧にこなし、無失点に大きく貢献した。
 
5 鎌田翔雅 6
前半は湘南ユースの後輩・古林の突破を封じることに成功。後半も守備で大きな破綻はなく落ち着いた対応を見せた。