“チャーリー”満島真之介は登壇すると共演者とハイタッチ

写真拡大

桜井ユキが初主演した映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリービング ビューティ」の初日舞台あいさつが10月21日に都内で行われ、桜井、高橋一生、佐々木一平、阿部純子、二宮健監督らが登壇した。

【写真を見る】フォトセッションでいつの間にか桜井ユキと高橋一生の間に移動したチャーリー。すぐに元の位置に戻された

さらに、満島真之介が劇中で演じた“ときめきチャーリー”となり、バニーガール役のジャスミン、円谷優希を引き連れて登場。コーナー司会を担当し、番組MCを務めた劇中のシーンを再現すると、陽気でハイテンションなチャーリーに、桜井、高橋らは思わず爆笑した。

「チャーリーをやるの1年ぶりだからね。なかなか緊張している」という満島だったが、「高橋さんは人気者ですけど、(僕は)全米で一番人気者・チャーリーです。よろしく〜!」とチャーリーに成り切って進行。

「今一番忙しいと言っても過言ではない高橋一生さん、あなたを僕がデートに誘えるのはいつ?」と、劇中で主人公・オリアアキに向けた質問を、高橋にもぶつけた。高橋の「OK、チャーリー。アキは『3年先までスケジュールが埋まっている』って言っていたけど、僕は今日でも行くよ」という返答で、チャーリーは“胸キュン”な表情に。「タピオカジュースとか飲んじゃう? ストローを2本さして。すごく楽しみ! 妄想しすぎて、僕のあれがあれになりそうです」と興奮を抑えきれない様子だった。

また、チャーリーは「日本は明日選挙だと聞いています。台風もくるということで、嵐が巻き起こるこの時期に、みなさんに妄想していただこうと思います」と、映画の内容に合わせ“妄想”をテーマに出演者に話を振った。

高橋が「僕の妄想は二宮健監督とまた一緒に作品をやりたい」と答えると、チャーリーはすかさず「あざとーい!」とツッコミ。同じように二宮作品への出演を希望した桜井の「主演とは言わないので」というコメントには、「あまり責任のないチャーリーのようにね」とフォローを入れ、笑いを誘った。

終盤、満島真之介として「もう一回、また次の監督の脳みその中で妄想している違う世界をみんなで紡いでいって、映画としてみんなに届けられたらなって思っています」と神妙な表情で語ったが、すぐに「急に真剣ゴメンナサ〜イ」とチャーリーに戻り、最後まで客席を笑わせていた。