最新Galaxyを挿すだけ!液晶テレビでPCのように使えるドックが登場

写真拡大 (全5枚)

Galaxyの対応スマートフォンと、外部ディスプレイやキーボード、マウスなどをHDMIケーブルで接続することで、まるでデスクトップのように操作できるようになるデスクトップドック「DeX Station」が、とうとう11月1日に日本上陸します! 海外で発売され、話題となっていたこのアイテムを心待ちにしていたGalaxyユーザーも多いのでは。

「DeX Station」に対応するデバイスは、現在のところGalaxy Note8、Galaxy S8、Galaxy S8+の3機種。直径約105.2mm高さ約47.5mmのころんとしたフォルムの「DeX Station」には、電源用のUSB Type-Cポート、HDMIポート、USB2.0ポート2つ、有線LANポートが備えられています。そこに外部ディスプレイや液晶テレビ、キーボード、マウスを接続したら、パソコンのようなホーム画面が表示され、まるでデスクトップPCのように使えるのです。

スマホ単体では難しい、複数ドキュメントの同時作業やアプリの切り替えも可能。ブラウザやアプリのサイズを自由に変更でき、よりデスクトップパソコンに近い操作ができます。(※サイズ変更に対応していないアプリもあります)

キーボードでのショートカットキーやマウスによるドラッグ&ドロップ、右クリック操作などもできるので、出先や出張先にパソコンがなくても、テレビなどあればパソコンと同じように作業できそうです。

また、スマホの画面をそのままモニターに映し出すミラーリングモードにも対応しています。難しい設定などは必要なく、接続すればすぐにセッティングできるので、誰でも簡単に使えます。本体にスマホを接続した状態でも、通話やテキストメッセージのやり取りが可能。スマホと同様に、指紋や顔認証、交際認証での端末ロック解除もできます。

気になる価格は未定ですが、HDMIケーブルなどは別売りで、本体のみで、販売想定価格は1万5000円前後の予定です。

>> Galaxy「DeX Station」

 

(文/&GP編集部)