川崎は敵地で広島に3-0と快勝。勝点を62に伸ばした。(C) J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

 J1リーグは10月21日、30節の8試合を開催。優勝争いは俄かに急展開を見せている。

 今節、首位の鹿島は4位の横浜と対戦した。立ち上がりの2失点で0-2とリードされた鹿島は、いったんは追いついたものの、再び横浜の遠藤渓太に決められ敗戦。勝点は64にとどまった。

 一方、2位の川崎は降格圏の16位に沈む広島を相手に3-0で快勝。勝点を62に伸ばし、首位の鹿島に勝点2ポイント差まで迫ってきた。鹿島が前々節の鳥栖戦に続く敗戦で足踏みしたのに対し、川崎は3連勝、11戦負けなしと勢いづく。

 また、鹿島に勝った横浜が勝点を55として、ACL出場圏内の3位に浮上している。4位には勝点1差でC大阪、さらに5位にはC大阪と同勝点で柏がつけている。

 J1リーグは残り4試合。優勝争い、ACL出場権争い、そして残留争いも含めて、目の離せない状況となっている。