10月23日、太陽が蠍座へ 「蠍座木星期のスタート」をアロマでサポートしよう!

写真拡大

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

■太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 10月23日、太陽が「蠍座」に移動します。その後、11月22日までは、蠍座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマをご紹介します。

■蠍座太陽期の特徴

【今回の太陽の位置】蠍座(水のエレメント)
【期間】10月23日〜11月22日
【ポジティブなメンタル症状】情が深くなる、意志が強くなる
【ネガティブなメンタル症状】嫉妬深くなる、深刻になりすぎる

 蠍座は、「死と再生」を司る冥王星を守護星に持つ星座。とても深い感情や粘り強い意志を象徴しています。性的なエネルギーや権力問題、秘密に関することも蠍座の領域です。

 10月10日、そんな蠍座エリアに、「拡大と発展を司る幸運の木星」が入りました。これから約1年間、蠍座のパワーが高まります。さらに10月26日には太陽と木星が重なる最大の幸運日を迎えます。蠍座的なテーマである「深い絆」や「ひとつのことに集中する」などを意識して未来を考えると、とてもいいときになるでしょう。

 ただし、木星は幸運の星とはいっても、いいものも悪いものも拡大してしまう傾向があります。蠍座的な特徴をよりよいほうへ活かしていけるよう、アロマでサポートしていきましょう!

■牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……サイプレス
 水のエレメントのエネルギーが強まる今期、火の人たちにとってはまさに復活のエネルギーを手に入れたいとき。「死と再生」「永遠の生命」に関わりがあるとされる冥王星的なオイル「サイプレス」を使ってみましょう。実は蠍座は今でこそ冥王星が守護星ですが、旧守護星は火星。火の人にとっては使いやすいエネルギーでもあるのです。冥王星オイルで本来の情熱と生命力を活性化してみて!

■牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……ブラックペッパー
 地のエレメントの人たちは、蠍座の深く強いエネルギーによって、もともとの頑固な傾向が強くなってしまいがちです。火星のオイルである「ブラックペッパー」を使って、元気さや快活な行動力をサポートしていきましょう。蠍座の旧守護星である火星のオイルは、ほどよく情熱を刺激します。蠍座の徹底的なエネルギーとなじみやすくなって、地の人たち本来の「結果を出す力」をよりパワフルに発揮できるようになります。

■双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……シダーウッド
 軽やかな風のエレメントの人たちにとっては、少し重たげでディープな雰囲気に感じられる蠍座の時期。ゆるやかな安定感をもたらす「シダーウッド」を使ってみましょう。深みのあるウッディな香りなのに、呼吸器系に作用するところが特徴のオイルです。人間にとって「呼吸」は、「風」を呼び込むものなので、風の人たちのサポートには最適。蠍座エネルギーとなじみやすくなりながらも、本来の軽やかさをよりよく活かしてくれます。

■蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……パチュリー
 水のエレメントの人にとっては、蠍座太陽期、蠍座木星期、ともに運気アップの時期となります。蠍座の象徴的オイルである「パチュリー」を使ってみましょう。パチュリーはアロマテラピーの中でもっとも深いベースノートオイルの1つ。深遠で秘密めいた蠍座のエネルギーを底上げしてくれます。蠍座パワーを象徴したオイルを身にまとって、水のエレメントに与えられた幸運期をよりよく過ごしていきましょう!

 今回紹介したオイルは、蠍座木星期の1年間のサポートオイルとしても使えます。蠍座木星の幸運パワーを得たいときや蠍座的テーマにフォーカスしたいときなどに、ぜひ使ってみてください。
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock