NTTドコモのハイコストパフォーマンススマホ「MONO MO-01K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「MONO MO-01K」(ZTE製)を発表しました。

昨年末に発売された同社初のオリジナルスマホ「MONO」シリーズにおける第1弾製品「MONO MO-01J」(以下、初代)は「端末購入サポート」を適用して一括購入価格が648円(税込)という衝撃的な低価格であったことが話題となり、必要十分な性能とシンプルなデザインが好評でした。

シリーズ2代目となる今回の機種では「docomo with」の対象機種となったことでさらに値引額が進み、本体価格は25,272円(1,053円/月×24回)で、2年間利用した場合の実質負担額がマイナス13,608円(税込)となるなど、圧倒的なコストパフォーマンスを獲得しています。

当然ながら性能面でも初代からブラッシュアップされており、「性能よりもまずは価格」という層には注目の機種に仕上がっています。発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真と動画にてご紹介します。


本体カラーはホワイトとグレイブラックの2色


■初代MONOからの改善点をチェック!
まずは初代からのブラッシュアップポイントをチェックします。初代では画面に4.7インチHD(1280×720ドット)TFT液晶を採用していましたが、今回はひと回り大きい5.0インチHD(1280×720ドット)TFT液晶に。解像度に変更はありませんが、ドットが粗いなどの印象はなく、大きく見やすくなったメリットを感じます。

画面サイズが大きくなったことから筐体もわずかに大型化されていますが、横幅については狭額縁設計により同じ幅(約69mm)に収めているため、持った際のサイズ感はほぼ変わりません。その上ディスプレイガラスのエッジ部分を曲面化した2.5Dガラスを採用したり、筐体の角をわずかに丸める処理を行ったことで手に角が当たる感触を低減し、初代よりもかなり持ちやすくなっています。


左が初代、右が本機。縦幅は6mm大きくなったが横幅は変わっていない



正面。ディスプレイガラスには旭硝子製の強化ガラス「Dragontrail」を採用



背面。クリア塗装なので指紋が若干目立ちやすいが触った時の感触が非常に良い


本体カラーはホワイトとグレイブラックの2色展開。真っ白や漆黒のような色味ではなく若干中間色寄りにしてあり、落ち着いた雰囲気に。特にホワイトは陶器の白のような柔らかさがあり、表面のクリア塗装との相性も良く美しい仕上がりです。


初代(上)と本機(下)の色の比較。初代はラメ入で輝くような白だったが、本機は陶器のような白でとても落ち着いた雰囲気に



グレイブラックも艶と深みのある色合いでとても美しい


バッテリー容量も初代の2440mAhから2800mAhへと大容量化。NTTドコモが公表している電池の持ち時間も初代の80時間から90時間へと延びており、利便性でも進化しているのが分かります。

CPUは「Snapdragon 617(Qualcomm MSM8952/1.5GHz+1.2GHz・オクタコア)」から「Snapdragon 435(Qualcomm MSM8940/1.4GHz+1.1GHz・オクタコア)」へと変更され、仕様上はわずかに性能が下がっていますが、これらのCPUで行える作業の範囲内では実用上その差を感じることはほぼないものと思われます。

むしろ内蔵メモリーが初代の2GBから3GBへと1.5倍に増量されたことや、ストレージ容量も初代の16GBから32GBへと倍増したことによるアクセス速度や処理速度の向上、そして駆動周波数を抑えたCPUを採用したことによるバッテリー駆動時間延長などの恩恵の方が大きいと見られ、名より実を取った堅実なブラッシュアップと受け取れます。


カタログスペックよりも実性能を取った本機


■好評だったマナーキーも健在!
機能面では初代で好評だったスライド式のマナーキーを本機でも採用。サイドのマナーキーは大きめながらも少し固めに作られているため、誤ってスライドさせてしまうことも少ない印象です。物理キーによるマナー設定は利便性が非常に高く、iPhoneでも初代から10年間シリーズを通して採用され続けているほどです。


右側面。左端にマナーキーがあり、音量調整キー、電源キーが並ぶ



左側面。各種カードスロットがある。右端にはMONOのロゴが刻印され、角にはストラップホールもある



下側面。外部接続端子にはキャップレス防水に対応したmicroUSBを採用



上側面。イヤホンジャックもキャップレス防水


電源キーを2度押しすることでロック解除することなくカメラを起動できる「クイックスタート」機能も搭載。防水性能では初代に引き続きIPX5/7に対応し、台所などの水回りでの利用も安心です。

本機のデザインや機能面での特徴については以下の動画からもご覧いただけます。


S-MAX:「MONO MO-01K」タッチ&トライ

動画リンク:https://youtu.be/vAqsCnRe2G4

■1つの端末を永く安く使いたい方にオススメ
昨今のブームとなっている格安スマホ市場への対抗馬として登場した初代MONO(MO-01J)に引き続き、2年間の実質負担額がマイナスとなる圧倒的なハイコストパフォーマンスを実現した2代目MONO(MO-01K)は、単なる廉価端末ではなく着実なブラッシュアップを遂げてより使いやすく便利な端末へと進化しました。

docomo withによる料金施策も端末コンセプトと非常に相性がよく、普段あまりゲームなどを遊ばず、SNSやメール、ウェブ閲覧をメインとするような使い方で手頃な端末を安価に永く利用したいという方にこそオススメしたい端末です。


安価でも永く使える品の良い製品だ




記事執筆:あるかでぃあ


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・NTTドコモ、最新コスパ高スマホ「MONO MO-01K」を発表!性能が向上してdocomo with対象にーー価格は一括2万5272円、2年間利用の実質なら“いきなり潜る”マイナス1万3608円相当に - S-MAX
・MONO MO-01K 関連記事一覧 - S-MAX
・MONO MO-01K | 製品 | NTTドコモ
MONO MO-01K | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ