WTAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーにウィンブルドン覇者のムグルッサが選出

写真拡大

WTAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに「ウィンブルドン」覇者のガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに「全米オープン」覇者のスローン・スティーブンス(アメリカ)がそれぞれ選出された。

その他にも、大きな成長を見せた選手に贈られるモースト・インプルーブド・プレーヤーに「全仏オープン」覇者のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)、ニューカマー・オブ・ザ・イヤーにキャサリン・ベリス(アメリカ)、ダブルスチーム・オブ・ザ・イヤーにマルチナ・ヒンギス(スイス)とチャン・ユンジャン(台湾)が選出された。

これらの表彰者はメディア関係者の投票により決定されている。

ムグルッサは7月の「ウィンブルドン」でビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を破って2つ目のグランドスラムタイトルを獲得し、9月には初めて世界ランキング1位となった。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真はWTAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したムグルッサ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)