画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ルノー・ジャポンは19日、ハロウィーンの飾り物として街中を彩るカボチャのオレンジをイメージした限定車「カングー クルール」を全国のルノー正規販売店で発売した。

限定車のネーミング「クルール」はフランス語で色を意味する。日本オリジナルのボディカラーを採用した限定車はこれまでに6台が発売され、いずれも人気を博している。

第7弾となる今回、「カングー ゼン EDC」をベースグレードとして、日本オリジナルのボディカラー「オランジュ シトロユM」を採用。「シトロユ」はフランス語でカボチャを意味する。秋の実りを想わせ、同時にハロウィーンの時期に欠かせないものであるカボチャの色をイメージした。

「カングー クルール」の価格は259万円(税込)。10月23日までの期間に申込みを受け付け、抽選で60台を限定販売する。