21日、中国版ツイッター・微博に、甲賀流忍者検定試験が東京で行われると紹介する投稿があった。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年10月21日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、甲賀流忍者検定試験が東京で行われると紹介する投稿があった。

投稿者は、10月22日に東京都の増上寺で「甲賀流忍者検定」が行われると紹介。試験時間は30分で、内容は甲賀流忍者に関する知識だという。アニメ「ナルト」に出てくるような試験ではなく、通常の筆記試験だ。

そして、この試験は神秘的でもなんでもなく、小学5年生以上なら誰でも参加でき、60点以上取れば合格できる。しかも、忍者のコスプレや手裏剣投げも審査対象となり、最大10点加算されるという。

これに対し、中国のネットユーザーから「まるで中東の女子がテストを受けているかのようだ」、「これってタイトルを見なかったら修道女かと思うぞ」、「これは絶対に身代わり受験しているって」などのコメントが寄せられたが、これは受験者がそろって忍者のコスプレをしているためだ。

また、「テスト中に忍術でカンニングしたら10点加点だな」「このテストは、ばれないようにカンニングするというテストですね」というユーザーもいた。

ほかには、「一番すごい忍者は誰にも知られずに来て、誰にも知られずに去ることができる。正門から入ってきた人はみんな不合格だな」という意見や、「日本は伝統文化の教育を重視しているんだな」と感心するユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)