2018年春夏コレクション

写真拡大

 でんぱ組.incに所属する相沢梨紗が手掛けるファッションブランド「メミューズ(MEMUSE)」が、ブランドデビューと同時にランウェイデビューを果たした。
 2018年春夏コレクションでは「メインキャラクターズ」をテーマに、着用することで自身のキャラクターを発見できる現代社会においての「バトルドレス」としてアイテムを製作。会場には、メミューズというブランド名に込めた「女神の加護」のシンボルとして、ランウェイに設置された高台にメイド服を着用したモデルが鎮座。デザイナー坂部三樹郎の協力のもと、エプロンをエナメルで作ったメイド風のルックや、ティディベアが装飾されたタイトドレスなどが披露された。