12星座【マリッジブルーになる】ランキング 射手座は結婚式の準備で憂鬱に

写真拡大

 結婚は多くの女性の憧れです。しかし、マリッジブルーになる人がいます。結婚生活はままごと気分ではいられませんから、現実問題として考えた際、憂鬱になってしまうこともあるでしょう。今回は、マリッジブルーになりやすい星座をランキングで紹介していきます。

■第1位 射手座……結婚式の準備で嫌になる
 好奇心旺盛な射手座は、「結婚するのもおもしろそう」とノリで決めてしまいがち。最初は結婚式の準備や会場選びに興味津々だった射手座ですが、具体的に予算やスケジュールが出ると、予算の都合上、やりたこともできないし、締め切りに追われてバタバタしたりと、まったく楽しくありません。結婚なんて面倒くさいと思い、嫌になってしまうでしょう。

■第2位 獅子座……派手な独身生活に未練が残る
 派手&ゴージャスがモットーの獅子座。独身の頃は、好きなように自分のお金で遊べますが、結婚するとなると、収入は夫婦2人のものです。専業主婦になったら、夫の給料だけで生活していかなければなりません。自由にお金を使えない生活は獅子座にとっては拷問。愛はあるのですが、お金のことを考えるとナーバスになってしまう獅子座なのです

■第3位 双子座……1人の時間がなくなるのがさみしい
 双子座にとって1人の時間は、大切なリフレッシュの時間です。しかし、結婚したら家にはいつも夫がいます。1人になりたいと思っても、なかなか難しいでしょう。それだったら同棲のほうが自由に暮らせるかも……と、結婚するのが本当に正解なのかわからなくなってくるのです。

 第4位は、水瓶座。常識的な生き方を好まないタイプなので、「嫁とはこうあるべき」と相手の親や親戚に古い結婚観を強要されると、ウンザリしてきます。第5位・乙女座は、完璧主義。家事も子育ても何もかも完璧ないい妻にならなくてはと思い詰め、だんだん不安になってくるのです。

 第6位・山羊座は、根っからの仕事人間。相手に、「結婚したら家庭に入ってほしい」と言われたら、結婚に躊躇するでしょう。第7位・天秤座は、オシャレが生きがい。結婚した後、自分がどんどん所帯じみてダサくなっていくのを想像すると、恐くなるのです。

 第8位は、魚座。ネガティブ思考なので、結婚する前から、離婚されたらどうしようと悪い想像をし過ぎて、暗くなるかもしれません。第9位・牡羊座は、勢いだけで生きています。そのため、スピード婚の可能性大。あまりに速い展開なので、マリッジブルーになっている暇はありません。

 第10位は、牡牛座。何よりも安定を望みます。結婚すれば、経済的にも精神的にも支えができるので、ホッとするタイプです。第11位・蠍座は、慎重な性格。結婚を決めるまでには、浮気の影は? 浪費家じゃない? などと、相手のことをとことん査定。その上で決心したなら、もう結婚に迷いはありません。

 そして第12位は、蟹座。結婚願望が強く、結婚すれば幸せになれると疑いません。家庭を持ち、しっかり家計を切り盛りすることこそが、自分の生きがいだと思っています。新婚生活のことをあれこれ考えるのが楽しくて、マリッジブルーになる人がいるなんて信じられないでしょう。

 愛している相手とはいえ、他人とこれから何十年も一緒に暮らすことになるのですから、多少の不安はつきもの。しかし、その不安も相手と分かち合い、乗り越えていくことで幸せをつかむことができるはずです。
(紅たき)