ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

写真拡大


執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ


昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。

「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨガ。

実際にはどのような効果があるのでしょう?

今回はヨガの効果について、医学的に掘り下げていきたいと思います。

日本の一般的なヨガプログラム

医学的な効果についてお話する前に、日本で行われている一般的なヨガプログラムをご紹介します。

よく見られるのは、複数のポーズをとったり、目を閉じて瞑想したりする、60〜120分のプログラムです。

そして、多くの場合、ヨガの最中はふだんとは違う呼吸法を練習します。

これは、身体の内側に起こる感覚に意識を向けることで、自律神経の働きを整え、心身のセルフケアを目的としています。

それでは、こうしたプログラムから、医学的にはどのような効果が得られるのでしょうか。

ヨガの効果を医学的に実証するため、これまでさまざまな研究が行われてきました。

次項からはその一部をご紹介しましょう。

医学的なヨガの効果:身体的効果

身体の緊張をほぐす

ある研究では、単に横になっているよりも、ヨガの呼吸法を取り入れて瞑想する方が、酸素の消費量や呼吸数が増え、リラックス効果があることが実証されました。

また別の研究では、ヨガを1時間行うと、大脳の辺縁脳と反射脳が沈静化されることがわかりました。

身体機能の改善

ヨガの後に、免疫機能の指標であるNK(ナチュラルキラー)細胞とT細胞系といった免疫細胞(※)を調べると、短時間の間に増加が見られ、免疫機能を増強させる効果があると示されました。

また、ヨガの前後に起こる身体機能の変化に焦点を当てた研究では、神経機能、内分泌機能、免疫機能、筋肉増強、血行などが改善されることも明らかになっています。

(※)免疫細胞については、こちらの記事もご参考ください。『よくいう「免疫力」とは、なんなのでしょう?』

身体疾患の改善

喘息患者を対象にした研究では、ヨガを行ったグループと行わなかったグループで喘息症状に変化があるか調べました。

その結果、有意差はなかったものの、ヨガを行ったグループの方が、「喘息症状が改善された」と申告した人が多かったそうです。

また、関節リウマチ患者を対象にした研究では、身体の柔軟性や筋力が増して、QOL(Quality Of Life;生活の質)が向上したことがわかっています。

医学的なヨガの効果:心理的効果

主観的な健康を増加させる

エイズ患者を対象にヨガプログラムを実施したところ、不安が減り、抗不安薬や痛み止めの使用量が減少したことがわかりました。

強迫神経症への治療効果

強迫神経症の患者8名に1年間の予定でヨガを行わせたところ、3名が服薬不要となり、ほかの2名も服薬量が減少する、という結果が得られました。

うつ病患者への効果

うつ病の患者をヨガ群、薬物療法群、電気療法群にわけ、それぞれの方法でうつ症状の改善度合いを調べたところ、電気療法群にもっとも治療効果が認められたものの、ヨガ群と薬物療法群では同程度の症状改善効果があることがわかりました。


このように、幅広い研究により、医学的観点からもさまざまな良い点があると立証されています。

とりわけ、

身体の緊張をほぐす、不安を解消する、

といった効果に関しては、多くの研究で認められたといえるでしょう。

ヨガを行うときの注意点

ヨガにはさまざまな良い効果がある一方で、次のようなリスクもありますので注意しましょう。

筋肉痛や関節痛を生じる

「ヨガはあまり動かない」という印象を持たれるかもしれませんが、立って行うポーズやバランスをとるポーズもあります。

ふだんあまりしない姿勢をとることにより、筋肉痛や関節痛の症状を発症することがあります。

不安感や痛みを増強させる

ヨガで行う瞑想には、心を落ち着ける作用がある反面、自分の内面に意識を向けますので、嫌なことを思い出すなど、かえって不安感が増強してしまう可能性もゼロではありません。

また、痛みをともなう持病を持っていると、瞑想中に痛みが気になり、むしろ苦痛に感じる可能性も含んでいます。

ですから、

持病のある方は、かえって悪化させる可能性があることをお忘れなく、ヨガを行う前には主治医に相談しましょう。


<執筆者プロフィール>
吉村 佑奈(よしむら・ゆうな)
保健師・看護師。株式会社 とらうべ 社員。某病院での看護業務を経て、現在は産業保健(働く人の健康管理)を担当

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供