2ゴールを挙げたFWジェイ

写真拡大

[10.21 J1第30節 FC東京1-2札幌 味スタ]

 13位の北海道コンサドーレ札幌は敵地で11位のFC東京と対戦し、2-1で勝利した。アウェー今季初勝利の札幌は2連勝で4試合負けなし(2勝2分)とし、残留に大きく前進。一方のFC東京は4試合白星なし(2分2敗)となった。

 立ち上がりから札幌の前線3人が脅威となった。前半2分、自陣からDF菊地直哉が前線にボールを送り、足もとにおさめたFW都倉賢がPA右から左足を振り抜く。これは惜しくも左ポストに阻まれ、7分には右サイドのFKからタイミングよく飛び込んだ都倉がヘッドもGK大久保択生の好セーブに防がれた。

 さらに札幌は前半19分、DF福森晃斗の左CKからFWジェイが高さをいかしたヘディングシュート。さらにMFチャナティップが細かいタッチのドリブルで仕掛け、FC東京のゴールに迫り続けた。

 対するFC東京は前半25分、MF高萩洋次郎の浮き球パスをPA左のFW永井謙佑がヘッドで中央に折り返し、FWユ・インスが右足でゴールネットを揺らす。しかしユ・インスがオフサイドだったとして得点は認められなかった。

 前半28分、札幌は福森の右CKはGK大久保にカットされたが、PA外にこぼれたボールをMF荒野拓馬がダイレクトで右足を振り抜く。強烈なシュートが枠内に飛んだが、再びGK大久保のファインセーブに遭い、前半のうちに先制点を挙げることができなかった。

 互いに交代選手なしで迎えた後半の開始早々に試合は動いた。2分、センターサークルで得たFKを福森がゴール前にボールを入れ、PA右から都倉がヘッドで折り返したボールをジェイが右足でゴール右隅に流し込み、1-0。札幌が先制に成功する。さらに5分、ゴール正面で獲得したFKを福森が左足で狙い、壁を越えて鋭く落ちるシュートを放ったがGK大久保の横っ飛びセーブに阻まれた。

 次のゴールは札幌に生まれた。後半14分、左サイドに開いてパスを受けた都倉がアーリークロスを供給すると、ジェイが頭で合わせる。しっかり叩きつけたヘディングシュートがGK大久保の手も届かないゴール右隅に吸い込まれ、2-0とリードを広げた。

 2点ビハインドとなってしまったFC東京は後半18分、ユ・インスを下げてFW前田遼一を投入。直後の左CKから前田がヘディングシュートを放ち、チームを盛り上げる。すると、20分にMF太田宏介の左CKからファーサイドに走り込んだDFチャン・ヒョンスがニアにヘディングシュートを打ち込み、1-2。反撃の狼煙を上げた。

 FC東京の攻め疲れを突いて追加点を狙う札幌は、後半30分に決定機。ジェイのノールックスルーパスをPA右から荒野がダイレクトで中央に折り返す。これを都倉が頭で合わせたが、わずかにゴール左。ダメ押しとはならなかったが、MF梶山陽平とFWリッピ・ヴェローゾを投入し、攻勢を強めたFC東京に同点ゴールを許さず、札幌が2-1で逃げ切った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第30節1日目 スコア速報