FC東京戦で素晴らしい2ゴールを決めたジェイ(中央)。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ30節]FC東京 1-2 札幌/10月21日/味スタ

 前節の柏戦(10月14日)で2得点・1アシストと全ゴールに絡んだ札幌のジェイが、アウェーのFC東京戦でもインパクト抜群のプレーを見せた。

 まずは、0-0で迎えた47分。福森のセンターサークル付近からのFKに、エリア内の都倉が反応してヘッドでつなぐと、ジェイはこれを胸でワントラップし、そこからすかさず右足のボレーでゴール右隅に蹴り込む。さらに札幌の1点リードで迎えた59分には、都倉の左サイドからのアーリークロスをヘッドで叩きつけて2点目を奪ったのだ。

 いずれのゴールも“凄い”のひと言で、とりわけ2点目のヘディングシュートはまさにワールドクラスの一撃だった。先制弾も含め、雨が降りしきる悪条件のなかで決めてしまう決定力は、文字通り半端ない。

 J1への生き残りをかけた大事な終盤戦で、無双っぷりを披露しているジェイ。この元イングランド代表FWが今後もゴールを量産できれば、札幌のJ1残留は濃厚だろう。

【FC東京1-2札幌 PHOTO】ジェイが2戦連続2ゴール!札幌が今季アウェー初勝利