ディミトロフがベスト4。次戦で勝利すればレース・トゥ・ロンドンでチリッチを追い抜く[ストックホルム・オープン]

写真拡大

「ストックホルム・オープン」(10月16日〜10月22日/スウェーデン・ストックホルム/ハードコート)のシングルス準々決勝が行われ、第1シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と第5シードのミーシャ・ズベレフ(ドイツ)が対戦。マッチポイントを制するのに6回要したがディミトロフが6-3、6-4で撃破した。

これにより、ディミトロフは「ATPファイナルズ」の出場獲得へまた一歩近づいた。「とても満足しています。あの試合をストレート勝ちできてとてもよかった。簡単にいかない事は分かっていましたが、集中を保った良い試合ができたと思いました。」と語ったとATP公式サイトが報じている。

「ATPファイナルズ」への出場をかけたレース・トゥ・ロンドンで現在3,500ポイントで第6位のディミトロフは、今週試合のなかったマリン・チリッチ(クロアチア)との点差が35ポイントに縮まった。ディミトロフが次の準決勝で勝利すればチリッチを抜き5位に順位が上がる。

ディミトロフの次の相手は第6シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)で、直接対決ではディミトロフの3勝2敗。2年ぶりの対決となる。ディミトロフがチリッチを追い抜くか注目だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ストックホルム・オープン」でベスト4進出したディミトロフ(「上海ロレックス・マスターズ」の時もの)
(Photo by Yin Liqin/CHINA NEWS SERVICE/VCG via Getty Images)