映画「ミックス。」の脚本を手掛ける古沢良太/撮影=木村将

写真拡大

卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを題材に、欠点だらけの不器用な登場人物たちが成長していく姿を描く映画「ミックス。」が、ついに本日・10月21日公開!! キャスト&スタッフによるリレー・インタビュー連載の第8回は、いよいよ脚本を務める古沢良太が登場。「リーガルハイ」シリーズ(2012年ほかフジ系)や「デート〜恋とはどんなものかしら〜」(2015年フジ系)など、ヒットドラマも数多く手掛ける当代随一の人気脚本家が、新作映画に込めた思いを語ります!

ミックスダブルスを組んで奮闘する多満子(新垣結衣)と萩原(瑛太)。ガッキーの美脚にも注目!/(C)2017『ミックス。』製作委員会

■ 映画が現実に追い越された気がして、複雑な気分なんです(笑)

――映画「ミックス。」は、今話題の卓球のミックスダブルスを題材にしたロマンティックコメディーです。卓球の世界を舞台にするという構想は、どのくらい前からあったのでしょうか?

卓球を題材にしたものを作りたい、というのはけっこう前からあって。スポーツを映像で描く場合、卓球って実は向いてるんじゃないかっていうことはずっと思ってたんですよね。役者さんも、そこまで肉体を作り上げる必要もないだろうし、試合も屋内だし、映像にしやすいはずだって。

で、今回の映画の話をいただいたのが…ちょうど「デート」を書いていたころだったのかな…自分の中で、“ラブコメ書きたい熱”がすごく高まってきていた時期で。そのときに、卓球の男女混合ダブルスというのが、題材としてうまくハマるんじゃないかとひらめいたんです。男女2人がペアになって、横に並んで相手に立ち向かう感じが、ラブストーリーの画としても成立するんじゃないかと。

その後、世界選手権でメダルを獲ったり(※「2017世界卓球選手権ドイツ大会」で、石川佳純&吉村真晴ペアが48年ぶりとなる金メダルを獲得した)、東京オリンピックの種目になったり(※2020年に開催される東京オリンピックの追加種目として卓球男女混合ダブルスが正式に採用された)、そんな風にミックスダブルスが注目されるようになるなんて想像すらしていなかったので、うれしいような、ありがたいような…映画が現実に追い越された気がして、ちょっとくやしいような(笑)、今はなんだか複雑な気分なんですけれども。

――(笑)。多満子(新垣結衣)と萩原(瑛太)という主人公のキャラクター造形は、それぞれ新垣さん、瑛太さんが演じるという前提で作り込んでいったのでしょうか。

僕の場合は、当て書きはほとんどやらないんです。役者さんを想定してキャラを作っていくっていうことはあんまりなくて、いつも自分一人で勝手に考えてキャラクターを作っていくっていう感じですね。ただ今回は、新垣さんが割と早い段階で名前が挙がっていたので、自然と多満子だけは新垣さんのイメージで書いていたような気がします。

――具体的には、主人公たちのキャラクター作りはどのように?

多満子は、恋にも仕事にも挫折して、そこから自分の原点みたいなところに立ち返って、新しい一歩を踏み出していくというヒロインなので、あえて“成功していない人”という描き方をしました。卓球の選手に限らず、今世界で活躍しているアスリートはたくさんいるけど、彼らの裏には、努力が実らずに挫折してしまった人たちが何百人、何千人といるわけで、そういう人たちの代表みたいなキャラクターにしたいなと。萩原の方は、卓球に関しては全くの素人なんだけど運動能力は高い、という人物にしようと思って、落ちぶれたボクサーという設定にしました。

――瑛太さんは古沢作品初出演ですね。

瑛太さんって本来、陰の部分というか、ある種の狂気のようなものを持っている俳優さんだと思うんですよ。で、その陰の部分を湛えたまま、こういう明るい王道のロマンティックコメディーに出てくれたっていうことが、この作品にとってすごくプラスになったんじゃないかと僕は思っていて。

――新垣結衣さんは、「リーガルハイ」などで、既によくご存知かと思いますが、今回はいかがでしたか。

新垣さんは、「リーガルハイ」のころからどんどん変わってきているような気がします。何よりも今は、主演女優としてのオーラがものすごいことになっていますよね(笑)。

――多満子や萩原のほかに、「ミックス。」の登場人物の中で、特に思い入れのあるキャラクターはいますか?

弥生(広末涼子)かもしれませんね。この役を広末さんが演じてくれることになって、ちょっと人物像も変えましたし。最後、髪を染めてハジけちゃおうというのも、演じるのが広末さんだからこそ思いついたことで。というか、そもそも広末さんの卓球選手姿って、誰しも見てみたいじゃないですか(笑)。

あとは中華料理店の2人も面白かったですね。

――多満子たち行きつけの中華料理店・楊楊苑の店員の、楊(蒼井優)と張(森崎博之)ですね。

最初に「張役は森崎さんで」って言い出したのは、プロデューサーの成河(広明)さんなんですけど、かなり初期の段階から森崎さんを押していて。それこそ、「新垣結衣」の次ぐらいに「森崎博之」が挙がってきたくらいですから(笑)。そんなに早く決めなきゃいけない役どころでもないのになぁ、なんて思ってたんですけど(笑)。でも、出来上がりを見て、やっぱり張を演じるのは森崎さんしかいないなと納得しましたね。

蒼井優さんも、やっぱりすごくて。お芝居はもちろんですけど、卓球も、最初は初心者だったのに、撮影を通じてぐんぐん上手くなっていったらしいんですよ。卓球指導のコーチも「こんなに素質のある人、見たことない」って言ってたみたいで。「小さいころからやってたら、世界的な選手になってた」って(笑)。蒼井さんの卓球のテクニックを見るだけで、お金を払う価値はある映画だと思いますよ。

…あっ、それと斎藤(司)さんもよかったですね。瑛太さんの上司役なんですけど、脚本を書き始める前から、この役だけははっきり、斎藤さんのイメージがあって。スタッフに「斎藤さんみたいな俳優さんにやってほしいんです」ってお願いしたら、本当に斎藤さんに決まったっていう。ですから、この役は唯一、当て書きです(笑)。

――また、卓球教室にいる怪しげで大柄な“女性”、ジェーン・エスメラルダ役の生瀬勝久さんの熱演も必見ですよね。

本当にやりたい放題ですからねぇ(笑)。生瀬さんは、ご自分から出たいとおっしゃってくださったんですよ。僕としては当初、他の役を考えていたんですけど、「僕は卓球をやりたいんだ」って言い張って、結局あの役を勝ち取ったんです(笑)。

――ほかに、お気に入りのシーンはありますか?

好きなのは“放水”のシーンかな。多満子と萩原の幸せな光景を入れた方がいいと思って、考えながら、悩みながら書いたシーンなんですけど、その甲斐があったかなと。

江島(瀬戸康史)と愛莉(永野芽郁)のシーンもいいですよね。二人とも、どんなイヤな役をやっても愛らしさがあるんですよ。僕は特に、芽郁ちゃんが試合後に拳を突き上げて「シャーッ!」って叫ぶ、あそこが好きで(笑)。実はあのくだりは脚本にはないんですけど、すごくよかった。あそこで愛莉が感情を露わにしたことで、「ああ、この子もこの子で必死だったんだな」っていうのが分かって、感動しました。

――ともあれ、キャストの豪華な顔触れには圧倒されます。

僕も、こんなに素敵な俳優さんや女優さんが集まってくださるなんて夢にも思ってなかったです。最初は「こんなにスターばかりそろえてどうするんだよ」なんて思ったりしたぐらいで(笑)。でも、スターが演じるに値するような人物を描くことが脚本家である僕の務めだと、すぐに考えを改めて、それぞれのキャラを膨らませていったり、さらに作り込んで深みを出したり、いろいろと直していきました。今思うと、そういう修正作業が、作品にとっていい方向に働いたのかなと思っています。