ブラジルの路上に座り込み、スマートフォンに夢中の男性。

今どきはよく見る光景ですが、この後に信じられないハプニングが彼を襲います。

何が起きたのかというと……。

 

Spending too much time on your phone?

[動画を見る]
Funny(Dog pee on man) - YouTube


背後に白犬が近づいてきましたが、まったく気づかない男性。


足を上げておしっこした!


「ふざけんな!」と激高する男性。


思わずキックを入れるものの、素早くかわす犬。


遠くでじっと見つめる白犬。そして足元には別の犬が。

[画像を見る]
おしっこまみれのシャツを脱ぐ男性。

[画像を見る]
「なんてこった」と途方に暮れるのでした。

スマホに夢中だと危険が増えるものの、さすがに犬におしっこを掛けられるとは……。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●2匹目の犬が急いで確認「そうだ、おしっこかけられたね」

↑「もう君はあいつのものだよ」

↑「先週は僕がやられた」

↑2匹目も同じことをするかと思ったよ。

●犬の法律については詳しくないが、もうこれでこの男は、その犬のなわばりだな。

↑その男はその犬のビッチ(※)になるんだ。
(※メス犬の意味もある)

●犬が振り返って、彼を10秒かそこら見ているのに気づいたかい? それは犬の優勢を表しているんだ。

●自分は鳥の法律のほうが詳しいが、完全な所有権を宣言するには糞も必要だ。

●2匹目の犬は1匹目の犬に20ドル借りてる気がする。

(投稿者)きっと犬は骨ドルを使うんだよ。

●2匹目も男の足におしっこしたらいいのにと期待した。

↑それをしなくてよかったよ。男がまだキックモードなら、その犬はやられただろうからね。

●南アメリカの監視カメラが、道路に座っている男を撮影し、おしっこを掛けられるまでを見られて良かった。

↑いや、そこは100%ブラジルだ。

●「動いていない、これは木に違いない」

●2匹目は男を慰めるためにやってきたと思うよ。「うらまないで。あいつはクレイジーだから、忘れて」

●犬は何をしているのかわかっている。

●その男は蹴るのは下手だ。幸運にもね。

●ねぇ、犬っておしっこのにおいがするものに、またおしっこをかける習性があったよね。


男性の名前はサンチェスさんと言い、この映像がネット上に広まると「犬を蹴るなんてひどい」とのバッシングもあったそうです。

[画像を見る]
それに対し、「突然のことで頭がカッとなり蹴ってしまったが、瞬間に思いとどまって空振りになったんだよ」と、傷つけるつもりはなかったと答えています。

[画像を見る]
後日、犬を探し出したサンチェスさんは、エンツォと名付けて飼うことにしました。

[画像を見る]
ふたりにとって、運命のおしっことなったようです。

【スマホに夢中のブラジル男性に予想外のハプニングが襲いかかる→運命の出会いだった】を全て見る