「鮭のクラムチャウダー」 レタスクラブニュースより/料理:重信初江 撮影:野口健志

写真拡大

これからの寒い時期、温かいスープはしみじみしますよね。スープと一口に言っても種類はさまざまですが、具だくさんのスープを作りたい人にはクラムチャウダーがおすすめ。今回は、クリーミーなクラムチャウダー5品を紹介します。味つけのバリエーションが豊富なので、好みに合った料理が見つかるはずですよ。

ほかにもいろいろ!「チャウダーのレシピ」をチェック!

■ 【鮭のクラムチャウダー】(568Kcal、塩分2.6g)

<材料・2人分>

塩鮭(甘塩) 2切れ、あさり(砂抜き) 150g、牛乳 1カップ、生クリーム 1/2カップ、玉ねぎ 1/4個、さつまいも 1/2本、しめじ 1/2パック(約50g)、冷凍グリーンピース 50g、白ワイン(または酒) 1/4カップ、小麦粉、サラダ油、こしょう、塩

<作り方>

1. 玉ねぎは1.5cm角に切る。さつまいもは皮つきのまま7〜8mm厚さの輪切りにし、水に約5分つけて水けをきる。しめじは小房に分ける。

2. 鮭は4等分に切り、小麦粉大さじ1を全体にまぶしつける。鮭は小麦粉をまぶしてから焼くと身がくずれにくくなる。煮ると小麦粉がスープになじんで自然にとろみもつく。

3. フライパンに油大さじ1/2を熱し、2を並べ、弱めの中火にして約1分焼く。上下を返して同様に焼き、うすく焼き色がついたら1を加え、炒め合わせる。

4. ワインを加えて中火にし、汁けがほとんどなくなるまで炒める。水1カップ、あさりを加え、ふたをして弱めの中火にし、4〜5分煮る。

5. 牛乳、生クリーム、冷凍グリーンピースを凍ったまま加え、こしょう少々をふり、沸騰直前まで煮る。塩小さじ1/4〜1/3で調味する。

クラムチャウダーのまろやかな味わいと鮭が絶妙にマッチ。鮭以外にも、あさりやしめじ、さつまいもなどの食材が入っているので食べごたえ抜群です。

■ 【具だくさんクラムチャウダー】

味の決め手はたっぷり野菜とあさりのだし。あさりの身はスプーンを使うとはずしやすくなります。

■ 【あっさりクラムチャウダー】

シンプルな食材であっさりと仕上げたクラムチャウダーです。煮込む際はアク取りをこまめにしましょう。

■ 【マカロニクラムチャウダー】

マカロニやじゃがいも、さやいんげんを使っています。さやいんげんはキッチンばさみできると時短に。

■ 【カリフラワーのクラムチャウダー風】

じゃがいもの代わりにカリフラワーを入れたクラムチャウダー風のスープです。カリフラワーのゴロゴロした食感もうれしいひと皿。

具だくさんにすれば、食べ応えも十分。ぜひ試してみて。