北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、「米国の核ヒステリーが高度に至っている」とする論評を配信した。

論評は、「トランプが、自分らが現在保有している核弾頭数をその10倍に増やさなければならないと妄言を吐いたのと時を同じくして米国防総省は、60分内にロシアと中国を無力化させられる『全面的な瞬間打撃』という展望的な構想の実現に着手した」と述べた。

つづけて、「米国は、この構想を立てながらすでに形成された力の均衡を破壊し、世界支配戦略を実現しようと企んでいる」と強調した。

また、「われわれを力で圧殺し、アジア太平洋地域で諸大国に比べた軍事的優勢を占め、ひいては世界制覇野望をなんとしても実現しようとする米国の腹黒い下心は変わらない」と非難した。

さらに、「トランプ行政府になって世界制覇のための米国の核野望はいっそう狂的な性格を帯びている」と指摘した。

その上で、「世界制覇野望にとらわれて世界の平和と安全を脅かす張本人、最大の癌的存在はほかならぬ米国である。正義と平和を愛する世界の全ての国は、トランプ行政府の無謀な核兵器増強および近代化策動に警戒心を持って臨まなければならない」と主張した。