異変を感じたら専門医の検診を(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 これまで「年齢も年齢だから……」と片付けがちだった“耳の異変”。実は、そのちょっとした異変が、より重大な疾患につながっていることが明らかになってきた──。歳を重ねると生じる「加齢性難聴」には、こんな予兆があるという。

「加齢性難聴は、音を感じ取る内耳の有毛細胞や、聴覚の神経に障害が生じる『感音難聴』の一種。このタイプの特徴は言葉の聞き分けが難しくなることで、特に高い音や子音が聞き取りにくくなります」(きたにし耳鼻咽喉科の北西剛医師)

 子供が多く集まる場所で孫のカン高い声が聞き分けられなかったり、「加藤」と「佐藤」、「1時」と「7時」、「貸して」と「買って」などを聞き間違えるのだ。

 感音難聴には、複数の人が同時に喋る声が聞き取りにくくなる特徴もある。外出先の混み合ったレストランで空耳が増えたり、多くの出演者がいるバラエティ番組で何を話しているかわからなくなったら、感音難聴の疑いが濃厚だ。

 今年7月、英国の医学誌『ランセット』に発表された論文は、「中年期(45〜65歳)の聴力低下」を認知症の最も大きなリスク要因に挙げた。さらに「中年期に耳が悪くなると、9〜17年後に認知症が増える」と警鐘を鳴らしている。

 では、なぜ耳の異変が認知症につながるのか。くどうちあき脳神経外科クリニック院長の工藤千秋医師は、「脳の刺激低下が大きな要因」と指摘する。

「耳の聞こえが悪くなると、脳内で聴覚を処理する部分でもある側頭葉への刺激が少なくなります。記憶を司る側頭葉への刺激が減ると、脳の活動量が減少して記憶力も低下する。これが難聴起因の認知症発生メカニズムと考えられます」

 聞こえが悪くなり、他人との会話が減ることも認知症の大きな要因となる。

◆耳の異変は脳の異変

「会話が楽しくないので口数が減り、結果的に引きこもってうつ状態になる人も多い。会話が聞き取れず、適当なことを言ってごまかすようにもなります。人とのコミュニケーションが減って社会的な孤立が進行すると脳への刺激がますます減り、認知症になりやすくなってしまう」(工藤医師)

 認知症の症状として「幻聴」が発生することもある。耳と脳は互いに密接な関係があることがよくわかる。

 悪循環を断ち切るには、「脳への刺激を復活させる」ことがカギとなる。藤沢御所見病院院長で耳鼻咽喉科医の山中昇医師が指摘する。

「伝音難聴は多くの場合、投薬や手術で聴力が回復します。治療が困難な感音難聴も、補聴器を使って聴力を補えば、脳への刺激が回復して認知症を防ぐ効果が期待できます」

 聴覚の異常は認知症に限らず、重大疾患のサインであることも多い。

「右側から話しかけられたら必ず聞き返すなどの場合は、聴力が低下した耳に『聴神経腫瘍』が生じている可能性があります。また、聞こえの悪さに加えて耳鳴り、目まいが繰り返し起きる、『メニエール病(*注)』の怖れがある」(北西医師)

【*注/発作をともなう目まいや耳鳴り、難聴などを引き起こす内耳の病気】

 こうした疾患による聴力悪化で、認知症の発症、症状の進行が加速することもある。心当たりがあれば、耳鼻科を早めに受診すべきだ。

 加齢とともに耳は悪くなる。だからこそ、“聴力低下のサイン”にいち早く耳を傾けることが大切だ。少しでも異変を感じたら、まずは専門医の検診を。

※週刊ポスト2017年10月27日号