右手首故障の錦織圭がラケットを使用した練習を再開

写真拡大

右手首の故障により、今年8月から今シーズンをキャンセルしていた錦織圭(日清食品)が、公式アプリを更新し、ラケットを使った練習の動画を公開した。動画にも「First hit! Verrrrryyyy slowly:)」とコメントしている通り、緩くラケットを振ってボールを返している。まだ練習を再開したばかりで試合前のような本格的なラリーではないが、来シーズンの復活に期待したい。

錦織は今年8月に開催された「ウェスタン&サザン・オープン」での練習中、「手首の中で何かが弾ける音がした。」と説明し、大会を棄権。その後も休養が必要とし、今シーズン残りのツアーを全てキャンセルしていた。

また、錦織は11月25日に有明コロシアムで開催されるイベント「日清食品ドリームテニスARIAKE」に、特別ゲストとして参加予定である。

選手としては、来年2月に行われる「ニューヨークオープン」に出場することがすでに発表されている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は練習を再開した錦織圭(ウィンブルドンのときのもの)
(Photo by Shaun Botterill/Getty Images)