神戸、ポドルスキの右足ボレーで先制も…鳥栖が逆転勝利で2試合ぶり白星

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、ヴィッセル神戸とサガン鳥栖が対戦した。

 先制したのは神戸。13分、左からのクロスを中央の田中順也が胸で落とすと、このボールをルーカス・ポドルスキが右足ボレーで叩き込んだ。

 だが鳥栖もすぐに反撃する。17分、スルーパスでペナルティエリア内に抜け出したビクトル・イバルボが相手DFに倒されてPKを獲得。これをイバルボが自らゴール左に決め、スコアをタイに戻した。さらに38分、左からのCKにキム・ミンヒョクが頭で合わせ、前半のうちに逆転した。

 後半は1点を追いかける神戸が敵陣に押し込み、鳥栖がカウンターから追加点を狙う展開となったが、なかなかスコアは動かない。神戸は終盤にハーフナー・マイクを投入してゴールへ迫ったが、最後まで追い付くことはできず、このままタイムアップを迎えた。

 次節、神戸は29日にヴァンフォーレ甲府と、サガン鳥栖は同日にアルビレックス新潟と、それぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1−2 サガン鳥栖

【得点者】
1−0 13分 ルーカス・ポドルスキ(神戸)
1−1 17分 ビクトル・イバルボ(PK)(鳥栖)
1−2 38分 キム・ミンヒョク(鳥栖)