大宮、マテウス弾で土壇場ドロー…柏は連敗ストップも3戦未勝利に

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、大宮アルディージャと柏レイソルが対戦した。

 大宮は今夏加入のマルセロ・トスカーノが出場停止。長谷川アーリアジャスールが11試合ぶりに抜擢された。柏はクリスティアーノが出場停止、さらにキャプテンの大谷秀和がケガのため欠場。ボランチは小林祐介とキム・ボギョンのコンビ、前線には中川寛斗が起用された。

 前半終了間際の43分、CKの流れからキム・ボギョンのクロスにハモン・ロペスが打点の高いヘディングで合わせ、柏が先制に成功。前半は柏の1点リードで折り返す。

 試合終了間際には大宮が猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイムに同点弾が生まれる。マテウスが左足で直接FKを叩き込み、大宮が土壇場で追いついた。

 試合は1−1で終了。大宮は3試合連続ドロー。柏は連敗を2で止めたものの、3試合ぶりの勝利をあと僅かで逃す結果となった。

 次節、大宮はアウェイでセレッソ大阪と、柏はホームで川崎フロンターレと対戦する。

【スコア】
大宮アルディージャ 1−1 柏レイソル

【得点者】
0−1 43分 ハモン・ロペス(柏)
1−1 90+3分 マテウス(大宮)