C大阪が連勝…2ゴールの杉本が得点ランク首位タイに! 甲府は4戦ぶり黒星

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、セレッソ大阪とヴァンフォーレ甲府が対戦した。

 試合は早い時間に動く。5分、左CKを得たC大阪は、ペナルティエリア内中央でこぼれ球を拾った柿谷曜一朗が、左の杉本健勇にラストパス。これを受けた杉本が右足ダイレクトで流し込み、先制に成功した。

 幸先よくゴールを奪ったC大阪だが、その後はなかなかチャンスを作ることができないまま時間が経過。逆に甲府が押し込む時間が増えたが、同点に追いつくことはできず、前半は1−0で折り返した。

 後半立ち上がりはC大阪が試合の主導権を握り、相手ゴールへ迫る。すると52分、CKの競り合いの中でマテイ・ヨニッチが倒され、C大阪にPKが与えられた。これを杉本がしっかりゴール左に沈め、貴重な追加点となった。杉本は今季のゴール数を「19」とし、興梠慎三(浦和レッズ)と並んで得点ランクトップに立った。

 その後はスコアは動かず、このまま2−0でタイムアップを迎え、C大阪が連勝を飾った。一方、残留を争う甲府は4試合ぶりの黒星を喫している。

 次節、C大阪は29日に大宮アルディージャと、甲府は同日にヴィッセル神戸と、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 2−0 ヴァンフォーレ甲府

【得点者】
1−0 5分 杉本健勇(C大阪)
2−0 52分 杉本健勇(PK)(C大阪)