ショーの様子

写真拡大

 手嶋幸弘が手掛けるブランド「ユキヒーロープロレス(YUKIHERO PRO-WRESTLING)」が10月21日、東京のファッションウイーク「Amazon Fashion Week TOKYO 2018SS」に参加し、渋谷ヒカリエで2018年春夏コレクションをショー形式で発表した。自身が小・中学生の頃から好きだったというヒーロー「ミュータントタートルズ」とコラボレーションしたアイテムが披露された。
 「ユキヒーロープロレス」は"誰かのヒーローになれる服"をコンセプトに掲げ、ヒーローとプロレスをモチーフにしたアイテムを展開。ブランドはこれまでにも円谷プロダクションや「サイボーグ009」、「マジンガーZ」とコラボレーションを行ってきた。
 ショーはチアガールによるパフォーマンスとともにスタート。「Teenage Mutant Ninja Turtles」の曲が流れる中、ステージ上に「ミュータントタートルズ」のキャラクターが登場し軽快なダンスを繰り広げた。タートルズの顔をメキシカンラグ風にデザインしたジャケットや浴衣、スパンコールを全面にあしらったプロレスマスクとオールインワン、亀の総柄のTシャツなど遊び心溢れるアイテムが登場した。
 フィナーレにはミュータントタートルズとともにデザイナー 手嶋幸弘が登場しマイクパフォーマンスを披露。来シーズンは高校生の頃の夢を叶えた作品を制作することを明かした。なお、10月22日から29日までの期間に直営店「REBLICHA」では2018年春夏コレクションの展示会が開催される。一般入場可能。