飛行機の遅延やキャンセルは頻繁にあり、空港で待ち時間が長くなることは多いものです。

疲れた状態でうとうとしている利用者をよく見かけますが、ドイツのミュンヘン空港には仮眠できるサービスがあると、海外サイトで話題になっていました。

 

You can rent sleeping cabins at this airport


こちらが「スリーピング・キャビン」と呼ばれる設備。

誰に邪魔されることもなく、安全にお昼寝や仮眠が取れるスペースとなっています。

イスやベンチで寝た場合に比べ、盗難の心配がなく、リラックスして疲れを取ることができると評判を呼んでいました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●毎回の利用のあとに、ちゃんとした掃除システムがありますように。

(投稿者)今、掃除係が出てきたよ。なのでちゃんと掃除されているのだと思う。

↑もしかしたら昼寝してたのかもしれないだろ。

●日本の棺おけホテル(※カプセルホテルのこと)よりも広く見える。

↑ホームレス向けにいいと思ったよ。古い駐車場に持っていって積み重ねるといい。さらに電話と住所だけ設定すれば、仕事も得られやすくなると思う。

●空港だけじゃなく、今の時代には電話ボックスにとって代わるものが必要だ。

↑これが大学に欲しい。講義の間に4時間もあることがある。往復2時間かかるので家にも帰れない。

↑だが昼寝2時間に30ユーロ(約4000円)を払う気はあるのかい?

↑日本のカプセルホテルが大好きだったよ。銀座のぜいたくな所に泊まったけど、たった34ドル(約4000円)だった。

●これは1人制限はあるのかな? ちょっと遊び心のあるアイデアを思い付いた。

↑ひとり制限でも自分はがんばれる。

↑ひとり遊びキャビン。

●窓が付いているけど、自分はいつも毛布を持って行くので窓を覆える。

↑カーテンはついてないの? それはちょっとひどいアイデアだと思う。

↑カーテンはあるけど、ランダムな時間ごとに開くんだよ。

↑ドバイで彼女と一緒に滞在したよ。隣の人が動き回る音が聞こえるので、セクシータイムはどれくらい実用的かはわからない。でも長い乗り継ぎ待ち時間が過ごしやすくなる。

●内部の写真を見せてほしい。

(投稿者)自分の飛行機が3時間遅れなので、後で撮ってくるよ。

↑これはどこの空港?

↑ドイツのミュンヘン空港。

(投稿者)中の写真を撮ってきたよ。
[画像を見る]

●たった今ヒースロー空港で10時間過ごしたところだ。こう言うのを使いたかった。


写真はドイツのものでしたが、いろいろな空港で既に設置されているとのことです。

長時間待ちで疲れているようなときはありがたいですね。

【「ドイツの空港に仮眠ができる設備がある…」評判を呼んでいたサービスがこちら】を全て見る