セルビアの首都ベオグラード近郊にあるバタイニツァ空軍基地で行われたミグ29戦闘機6機の引き渡し式典で、ミグ29戦闘機のそばに立つセルビア兵(2017年10月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】セルビアの首都ベオグラード(Belgrade)近郊にあるバタイニツァ(Batajnica)空軍基地で20日、ロシアからセルビアへのミグ29(Mig-29)戦闘機6機の引き渡し式典が行われた。

 式典にはセルビアのアレクサンダル・ブチッチ(Aleksandar Vucic)大統領とロシアのセルゲイ・ショイグ(Sergei Shoigu)国防相も出席。ショイグ国防相によると、今回の引き渡しはナチス・ドイツ(Nazi)からのベオグラード解放73周年に合わせて行われたもので、式典ではロシアのアクロバット飛行チーム「ストリージ(Strizhi)」もパフォーマンスを披露した。
【翻訳編集】AFPBB News