ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

写真拡大

GPロシア大会、圧巻の100点超えで首位発進「受け取ったスコアを聞いてハッピー」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦のロシア大会は20日、男子ショートプログラム(SP)で18歳のネイサン・チェン(米国)が100.54点をマーク。94.85点だった世界王者の羽生結弦(ANA)を抑え、首位に立った。新4回転時代を切り開いた若き全米王者について、地元の米メディアは「日本のスーパースターを凌駕」と脚光を当てている。

 平昌五輪のメダル候補の18歳が圧巻の演技を見せた。チェンは4回転ルッツを決めるなど、大きなミスなく演じ切った。得点は100.54点。堂々の100点超えで羽生を抑え、SP首位発進を決めた。

 地元の米スケート専門メディア「icenetwork」は初日の各種目SPを振り返った記事の中で「チェンが日本のスーパースター、ハニュウを凌駕」と見出しを打って伝えた。

「アメリカのネイサン・チェンはショートプログラムで勝利し、日本の希望であるユヅル・ハニュウを寄せ付けなかった」と言及。その上で、本人は「受け取ったスコアを聞いてハッピー」と話し、演技をこう振り返ったという。

地元の米メディアの高い期待「この座で快適にくつろぐことに期待が寄せられる」

「シーズン序盤でそれなりに整ったプログラムを披露できたことに満足している。僕は来たる(冬の五輪での)試合に向けて取り組むべき多くの練習があるけど、今のところ自分がしてきたことには満足感を得ているし、精神をまっすぐに保ち、ハードワークを続ける必要がある」

 大事なGPシリーズ初戦のSP。大きなミスのない演技をできたことで一定の満足感を得ているようだ。

 また、米「NBCスポーツ」は「アメリカ王者、ネイサン・チェンは今季、この座で快適にくつろぐことに期待が寄せられそうだ。五輪王者、そして、世界チャンピオン出るユヅル・ハニュウが立つ前の座でだ」と記し、地元メディアとあって高い期待が注がれている。

 昨季は四大陸選手権を制するなど、一躍、頭角を現した逸材。21日のフリーでは羽生の追い上げは必至となるが、戦いの行方は、どんな結末を迎えるのだろうか。