「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」でゲスト声優を務める尾上松也

写真拡大

10月28日(土)に公開となる「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」に、歌舞伎俳優の尾上松也がゲスト声優として出演する。本作の中心である6人目のプリキュア・キュアパルフェ(キラ星シエル)の師匠で、天才パティシエのジャン=ピエール・ジルベルスタイン役を演じる松也が合同インタビューに応じ、役作りやスイーツへの思い、声優の仕事などについて語った。

【写真を見る】自身の演じる役どころや、声優の仕事に興味を持ったきっかけについて語る松也

――まず、今作への出演が決まってのご感想をお聞かせ下さい。

「プリキュア」についてはよく耳にしていましたし、特に小さな女の子たちから人気を集めている作品ということももちろん知っていました。こういった人気のある作品に出演させていただけることは本当に光栄です。自身も子どもの頃にアニメーションを見て育ったので、子どもたちが僕の演じるキャラクターを見て楽しんでくれるというのは非常に夢がありますしやりがいを感じています。

――出演について周りからの反響はいかがでしたか?

僕も32歳になりましたので、家庭を持つ友人が増えてきました。中でも子どもがいる方は子どもを通じて一緒に「プリキュア」を見るので、作品について結構詳しいんです。ですから僕の出演が発表された時には、そのニュース記事が何人かの友人からLINEで送られてきました(笑)。

――今回演じられるキャラクターについてのご紹介と、役作りで気を付けた点をお聞かせ下さい。

僕が演じるジャン=ピエール・ジルベルスタインはパリのパティシエで、シエルが師匠と仰ぐ人物です。スイーツを愛しスイーツに身も心もささげている、まるで修行僧のような男です。彼は確実に変人だとは思うのですが(笑)、その変人ぶりを実直に演じることによって彼の真っすぐさが伝わると思いました。

――アフレコの際、声の上で何か意識したことはありますか?

ギャップですね。普段のジャン=ピエールは“スイーツを探求する”という自分の世界だけで生きている男ですので、それと相反することや関係ないことに対しては冷たい部分があります。ですが、スイーツのことになると急に感情的になるという、ギャップを意識しました。ですから、普段は抑え目な低めのトーンで演じ、スイーツの話題ではトーンを上げて演じました。他には、「トレビアン!」という彼の代名詞のようなせりふがあるのですが、そこはキャラを少し逸脱して思い切ってやりましたね。

――松也さんが声優に初挑戦された「モアナと伝説の海」(2017年)はCGアニメーション作品でしたので、今回の「プリキュア」はまた違ったアフレコになったかと思います。その違いや、2度目の声優挑戦と言うことでつかんだコツなどはありましたか?

「モアナ」の時は、本国の俳優さんによって出来上がった作品に対して僕たちが合わせて声をあてました。僕の演じたマウイでいいますと、オリジナル版でドウェイン・ジョンソンさんが演じたベースがありました。もちろんドウェインさんと僕の声は全然違うのですが、マウイを演ずるにあたって演技のニュアンスがありましたし、秒数もきっちり合わせなければいけなかったです。ですが、今回の「プリキュア」ではありがたいことにある程度の融通が利いたので、その点はやりやすかったです。

今回は既に入っている他のキャラクターの声を聞きながら演じることができたので、演技に込める感情の面でも非常にやりやすかったです。やはり相手の出方に合わせて芝居を作っていくのが一番良いのですが、アフレコではそれを自分独りで作っておかなければいけないこともあり大変な作業ですので、まだまだコツをつかんだというところまでは至っていないですね。

――今作はパティシエ役ということで、主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」(2017年、テレビ東京ほか)に続いてスイーツ関連のお仕事です。松也さんのスイーツ好きも世間に浸透してきましたが、ご自身の周りで変化はありましたか?

「さぼリーマン甘太朗」に関してはかなりはっちゃけて演じているところもあって周りからの反響が大きいですし、甘太朗が行ったお店を巡る方もいらっしゃるらしいので非常にうれしいです。僕としても元々甘味好きですので、“甘いもの=尾上松也”というイメージが付くのは誇らしいです(笑)。さらに、今回の「プリキュア」がスイーツをテーマとした作品ということなので、より僕のスイーツ界での地位が向上するのではと期待しています(笑)。

――スイーツは作ったりもされますか?

最近は食べる方専門なのですが、20代前半の頃は好きが高じて自分で作っていた時期もありました。ベイクドチーズケーキにガトーショコラ、ババロアなどです。メロンショートケーキも作りましたが、あれはひどかったです(笑)。

――難しかったですか?

ショートケーキが一番難しかったです。見よう見まねで生地から作ったのですが、空気を入れずにただただかき混ぜたものですから、出来上がってみたら生地がカッチカチになってしまいました(笑)。

それに、生地の周りに生クリームを塗ってコーティングするのですが、生クリームをそのための固さにするのは結構繊細な作業なんです。それも当時は分かっておらず、とりあえずかきまぜて塗ったのですが、クリームが緩くて食べる頃には全部下に落ちてしまいました(笑)。

――過去に作ったスイーツの中で最高傑作は何ですか?

ベイクドチーズケーキですね。レシピを読んで独りで作りましたが、周りに食べていただいたのですが「お前がこんなにおいしいものを作れるわけがない!」と驚かれるほど好評でした(笑)。我ながらあれは店に出せるレベルだったと思っています。

――最近はまっているスイーツがあれば教えてください。

最近ですと、「歐林洞」さんが出している「パトロン」です。マッシュした栗をチョコレートでコーティングしたものなのですが、とてもおいしいです。

――初の声優挑戦、初の連続ドラマ主演と挑戦の多い1年になっている松也さんですが、次に挑戦したい仕事や、声優として演じてみたい役はありますか?

以前から興味を持っていた声優のお仕事をこうして2作品もいただいたり、ミュージカルへの出演もかなったりと、これまでやりたいことは比較的やらせていただいています。ただ、やりたいことはまだまだあります。ですが、今までもそれを達成できるまではあまり口にしないことにしてきましたので、言わないようにしています。

今話したことと矛盾するかもしれませんが、やりたいことに関しては発信し続けることも大事ですね。今回のスイーツのこともそうですし、僕はアメコミや「スターウォーズ」が好きでそのことを言い続けていたら、そういったお話を頂いたこともありました。

それでいいますと、声優としてはこれまで良い人を演じたので、反対に悪い役を演じてみたいです。それから、海外ドラマの吹き替えも挑戦してみたいです。特にSFやファンタジー系ならうれしいですね。できれば大きく書いておいてください(笑)。

――声優の仕事に興味を持ったきっかけは何ですか?

僕はディズニー作品を見て育ちました。母親が好きだった影響で、小さいころから周りにディズニー作品がありました。中でも特に興味を持った声優さんは、山寺宏一さんです。「これも山寺さんが演じていたのか」と驚かされるような声色のバリエーションとテクニックをお持ちの方で、実際にお会いした時も本当に素晴らしかったです。

これだけ宣伝に出させていただきながら申し訳ないのですが、僕は根本としては「キャラクターの後ろに僕が見えたくない」という思いがあります。その点で山寺さんはまさにそれを演技で体現されているので、それを見て自分も声優をやってみたいと思いましたね。

山寺さんのキャラクターの中では、特にジーニーが好きです。曲の中でいろいろな声色を使い分けていて本当にすごいと思いましたし、あの声色のまねをよくしていました。あれが声優の仕事に興味を持ったきっかけですね。

――では最後にファンに向けてメッセージをお願いします。

「プリキュア」に出させていただけることを改めて光栄に思いますし、ファンの方にジャン=ピエールというキャラクターが愛されるようになったらと思います。また、この映画は“仲間の大切さ”が描かれていて、僕自身も仕事をするうえで仲間から得る刺激が大きなエネルギーになっています。そんな“仲間の大切さ”を、この映画を通じて感じていただければと思います。