「ヨガ離婚」片岡鶴太郎 ストイックすぎる生活に医師たちも賛否両論

写真拡大

【名医のTHE太鼓判!】(TBS系)2017年10月9日放送 「片岡鶴太郎は健康なのか!?人間ドック&余命宣告SP」

5年前からストイックにヨガに打ち込み、驚くほどやせた片岡鶴太郎(62)。2017年8月には、同年3月に離婚していたことを明かし、「ヨガ離婚」ともやゆされた。

血液の循環が良くなり、冷え性改善などの効果があるといわれているヨガ。本人はいたって元気そうだが、激変した体型を見ると健康面を心配してしまう人は少なくないだろう。番組では、片岡の「ストイックヨガ生活」を、医師7人が厳しく判定した。

朝食は5時半から2時間かけて

ある日の片岡は、18時半に仕事を終えホテルに到着した。部屋着に着替えると電気を消し、18時45分には寝てしまった。

深夜1時に起き上がり、トイレか?と思いきや、そのまま活動開始。パンツ一丁になり、ヨガを始めた。

「腸を外してガスを出します」「内臓がものすごい喜ぶんですよね〜」と言いながら、腹を動かしオナラを出す。そして腹を細かく動かしながら速く呼吸した。

これは「ナウリ」と呼ばれる、インド式ヨガの最高の浄化法だという。体の不純物を取り除いて消化を促し、あらゆる病気から身を守ると伝えられている。

1時から始まったヨガは、朝5時まで続いた。

5時半には朝食だ。ゆでたラッカセイにおひたし、カボチャの煮物、きんぴら、ぬか漬け、梅干し、玄米の炊き込みご飯、ホウレンソウとコーンのみそ汁、季節のフルーツなど、15品目以上を食べ、合間には白湯を飲む。1日の食事は何とこれで終わりだとか。

咀しゃくが多いのも特徴的だ。例えばきんぴらは、一口で88回噛んでやっと飲み込んだ。ゆっくりと味わい、2時間かけて食べ終えた。自分でも「これじゃ誰とでも離婚しちゃいます」と笑う。

そもそも、なぜヨガを始めたのだろうか。

片岡「人体実験をしようと思って。(ヨガをすると)ものすごく体が調子良かったんですよね。125歳まで生きるつもりでやっています」

太っていなくても睡眠時無呼吸症候群に

「125歳まで生きるつもり」という片岡だったが、医師が判定した余命は15年、寿命は77歳だった。

内科の川村優希氏「125歳までは絶対無理だと思います。一番気になったのは食事。タンパク質、ビタミン、ミネラルと、全部栄養が足りていない。タンパク質を摂(と)るなら魚がオススメ。今の生活にも合っている」

消化器内科の大竹真一郎氏は、片岡の腸内環境を検査した。

理想的なバランスは「善玉菌」が20%、「悪玉菌」が10%、その他「日和見菌」などが70%を占めている状態だが、片岡は「善玉菌」6.7%、「悪玉菌」24.2%、「その他」約70%と、バランスが崩れていた。実は内臓は喜んでいなかったらしい。

片岡は過去の暴飲暴食が原因ではと疑ったが...。

大竹氏「5年間ヨガ生活をしているので、腸内環境には今の状態が関係している。一番の原因は食事の量が絶対的に少ない。厚生労働省は1日20グラムの食物繊維を摂るよう指導している。野菜を摂る量が少なければ1日20グラムは摂れない」

内科の森田豊氏は睡眠の検査を行ったが、「治療するレベルではないが、いくつか異常が見つかった」という。

寝入りから約3時間後までを「睡眠のゴールデンタイム」といい、通常はこの間に深い睡眠の「ノンレム睡眠」が3回訪れるが、片岡は1回しかなく、森田氏は「脳が休めていない」と指摘する。

軽度な「睡眠時無呼吸症候群」もみられた。太っている人に多い症状だが、あごが小さい人もよくかかるそうだ。

一方、産婦人科の丸田佳奈氏と脳神経外科の菅原道仁氏は「全く問題ない」と評価した。

丸田氏「90〜100歳まで生きると思います」

片岡の独特なストイック生活には医師の間でも賛否が分かれたが、視聴者には「片岡の食事法はオススメできない」と釘を刺していた。