J1残り5試合「今節の注目ポイント」 熾烈な優勝&残留争いの行方…新潟は降格決定も

写真拡大

首位鹿島と対戦の4位横浜FM、敗戦すれば優勝争いから事実上の脱落

 2月末の開幕から約8カ月を戦ってきたJ1 も残り5節になった。

 優勝争いも数チームに絞られ、残留争いや得点王争いも結果が出るのは間近という大詰めに突入している。21日に開催されるJ1リーグ第30節の注目ポイントを整理したい。

 まず第29節終了時点で上位陣は、1位鹿島アントラーズ(勝ち点64)、2位川崎フロンターレ(勝ち点59)、3位柏レイソル(勝ち点53)、4位横浜F・マリノス(勝ち点52)、5位セレッソ大阪(勝ち点51)、6位ジュビロ磐田(勝ち点50)と続く。

 首位に立つ鹿島は4位横浜FMと対戦。直近5試合を4勝1敗の鹿島に対し、横浜は1勝2分2敗と失速傾向なのは否めない。中心選手であるFW齋藤学の長期離脱もあり、決してチーム状態が良いとは言えない。鹿島を勝ち点差12で追う横浜が敗れれば、数字上で優勝の可能性が残るものの、事実上の優勝争い脱落となる。

 横浜の26失点は磐田と並んでリーグ最少だが、鹿島も同27で3位タイと互いに守備は堅い。鹿島と横浜は互いに7敗ずつだが、鹿島が1分なのに対して横浜が7分のため、そこでついた勝ち点差がそのまま差になっている。鹿島としては、これまで通りの勝負強さを発揮することができるかが優勝に向けてカギになる。

2位川崎と3位柏は残留争いの相手と激突

 2位川崎と3位柏は、ともに残留争いをする相手との対戦になり、順位上の差よりも難しいゲームに臨むことになる。

 鹿島を勝ち点差5で追う川崎は16位サンフレッチェ広島(勝ち点27)とのアウェーゲーム。ナイトゲームの鹿島にプレッシャーを掛けるためにも勝利を求めたいゲームだ。直近5試合で4勝1分と好調だが、鹿島が勝ち点を取りこぼさなければ差は縮まらない状況にある。浦和レッズの60得点に次ぐ59得点を挙げている川崎攻撃陣が、残留に向けて奮起が予想される広島守備陣を切り崩せるかがポイントだ。広島は残留圏の15位ヴァンフォーレ甲府(勝ち点26)と勝ち点1差のため、のどから手が出るほど勝利を欲しているはずだが、好調な川崎相手の引き分けなら上々の結果とも言える。

 また、鹿島と勝ち点7差の柏も残留争いの17位大宮アルディージャ(勝ち点23)と敵地での対戦だ。柏は次節が川崎戦のため、鹿島への挑戦権を得るためには勝利しかない。大宮は攻撃の核であるFWマルセロ・トスカーノが出場停止だが、残留圏の15位甲府と勝ち点差5があるため、是が非でも勝ち点3が欲しい。柏としては、冷静に大宮の攻撃をいなし、自分たちのペースでゲームを進められるかに注目だ。

 5位C大阪とのアウェーゲームに臨む甲府は、残留圏に留まっているものの決して楽な状況にはない。こちらも広島と同様、現実的には勝ち点1を持ち帰れるかどうかが焦点のゲームだろう。12位ベガルタ仙台(勝ち点35)と対戦する14位清水エスパルス(勝ち点29)、11位FC東京(勝ち点38)と対戦する13位コンサドーレ札幌(勝ち点31)もアウェーゲームとあって、今節は残留圏にいる下位チームが敵地でいかに勝ち点を持ち帰るかがテーマとなりそうだ。

 数字上はわずかに残留の可能性を残す最下位のアルビレックス新潟(勝ち点29)は磐田とのアウェーゲーム。勝利しても他カードの結果次第でJ2 降格が決定してしまう苦境だが、土壇場で意地を見せたい。

得点王争いは興梠がリード、小林と杉本が猛追

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で上海上港(中国)を相手に激闘を制して決勝進出の浦和は、他カードから1日遅れの22日に中3日で10位ガンバ大阪(勝ち点40)とのホームゲームになる。

 ナショナルダービーとも呼ばれた一戦が7位と10位の対戦なのはやや寂しいが、ここまで19ゴールで得点ランクトップの浦和FW興梠慎三には得点王の期待が懸かる。2位の17ゴールを叩き出すFW小林悠(川崎)とFW杉本健勇(C大阪)は、今節の相手がともに残留争いを繰り広げる相手だけに守備に注力する可能性もあるだけに、興梠としてはここで自身初のリーグ20得点の大台に乗せて差を広げられるかがポイントになる。

 鹿島は残り5節で勝ち11を獲得すれば優勝が確定する。ラスト5節の最終盤に突入する今季のJリーグに、どのようなドラマが待っているのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images