出典:https://www.shutterstock.com

何年も結婚できずに婚活し続けている女性と、わずか数か月など短期間で結婚を決める女性は、なにが違うのでしょうか?

なかなか結婚に至らないという場合、思わぬ言動が原因かもしれません。

今回は、婚活がうまくいかない女性の特徴についてご紹介します。

 

■自分の価値を客観的にみることができない

婚活をすると、どうしても男性側の条件ばかりに目が向いてしまう女性が多いようです。

婚活での出会いは、偶然のものではなく希望の条件を設定できるため、ついつい理想を高く設定したくなる気持ちもあるでしょう。

しかし、相手を選ぶということは、自分もまた選ばれる立場にいるということ。

自分の年齢や容姿、年収などにキチンと目を向けて、自分の適切な“市場価値”を自覚した女性は早くに結婚できる傾向があります。

 

■「理想の男性」以外はシャットアウト

「年収1,000万円以上」「身長175cm以上」など理想ばかりが先走って、相手のほうから好意を持ってくれたとして、理想と違う場合に敬遠してしまう場合があります。

婚活がうまくいきやすい女性は「最低限、これをクリアしてたら誰でもいいです。」というスタンスで婚活しているため、男性側もアタックしやすく、理想的な男性にも巡り合いやすくなるのです。

婚活に悩んだら「最低限ここだけはゆずれない」というポイントに絞ってみるとよいでしょう。

 

■昔の「モテテク」にこだわってしまう

モテる女性の場合、過去に何度も男をオトしてきた“モテテク”を使いすぎてはいませんか?

「“彼女”と“結婚相手”はまったく別もの」と考える男性もなかにはいます。

たとえば女性がよく使うモテテクで“頻繁なボディタッチ”があります。

確かにボディタッチは男性を誘うのに効果的ですが、結婚相手を探している男性にとっては「軽い人なのかな」「遊ばれている?」と思われかねません。

つい“モテテク”にこだわってしまう場合、まずは「男性がどういう女性と結婚したいのか?」と男性目線で考えてみるとよいでしょう。

 

結婚できるかどうかについては“タイミング”などもありますが、もしかすると、今回お伝えしたことを無意識のうちにしてしまっている可能性もあるかもしれません。

いま一度ご自身の婚活を振り返り、幸せな結婚への参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ Aila Images/shutterstock