©BeauTV 〜VOCE

写真拡大 (全22枚)

ランニングをするとき、気をつけたいのが“フォーム”ですよね。最近はデスクワークやスマートフォンの使用で、猫背気味の人が多いそうです。この姿勢がランニングのフォームに影響するのだとか。

10月20日(金)に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV 〜VOCE』では、走らずにできる“美姿勢エクササイズ”を紹介していました。

レクチャーしてくれたのは、ランニングアドバイザーの番場由衣さん。

©BeauTV 〜VOCE

「キレイな姿勢で走ると筋肉に負担をかけずに走れるので、なるべく美姿勢を目指していただきたいです!」と番場さん。

©BeauTV 〜VOCE

走る時だけでなく、日頃から意識したい“美姿勢”に効果的なトレーニング方法。早速見ていきましょう!

 

◆LESSON 1

まず、後ろで手を組み、肩甲骨をぐっと寄せた状態で手を上に持ち上げ、そして下げます。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

胸を突き出すようなイメージで、自分の腕が上がる限界のところまででOKです。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

この時、息を止めると体が硬くなって可動域が狭まってしまうので、呼吸を意識しながら行いましょう。

©BeauTV 〜VOCE

上げるときには息を吸い、下げる時に息を吐く。これを繰り返します。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

◆LESSON 2

手で両肩を持ちます。

©BeauTV 〜VOCE

ひじ先で大きく円を描くように前にまわしましょう。このとき、猫背にならないように注意! しっかり姿勢を正して行うのがポイントです。

©BeauTV 〜VOCE

一度肩の力を抜いてから、今度は後ろにまわします。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

LESSON 1と同じく、息を止めないように注意しましょう。

©BeauTV 〜VOCE

なるべく可動域を広げるため、ゆっくり大きくまわすのがポイントです。

©BeauTV 〜VOCE

◆LESSON 3

腕を伸ばし、両手の甲を頭の上でくっつけます。

©BeauTV 〜VOCE

手のひらを内側に向けながら、腕を下へ曲げていきます。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

手は耳よりも後ろにくるように下ろし、肩甲骨がぐっと寄るのを感じながら上げ下げしましょう。

©BeauTV 〜VOCE

息を吐きながら下げ、上げるときに吸います。

これら3つのレッスンを、それぞれ1日10回1セットずつ行いましょう。

©BeauTV 〜VOCE

肩甲骨の可動域が増えて、美姿勢へつながります! 自宅では、鏡を見てチェックしながら行うと効果的。

©BeauTV 〜VOCE

エクササイズの手軽さに、番組MCの河北麻友子さんも「これならすごく簡単ですよね!」とコメントしていました。

化粧水が浸透するまでの間など、おうちでの“スキマ時間”に、みなさんもぜひトライしてみては?