J初代得点王が“お宝写真”公開 アル・ヒラル監督として来日、ACL決勝で浦和と激突へ

写真拡大

サウジ名門を率いるラモン・ディアス Jリーグ1年目に28ゴールで得点王を受賞

 浦和レッズが18日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝で上海上港(中国)を破り、優勝した2007年大会以来10年ぶりの決勝進出を果たした。

 アジア制覇をかけた頂上決戦ではサウジアラビアのアル・ヒラルとの対戦が決まっているが、そのチームで注目を集める人物がいる。

 同国の首都リヤドに本拠地を置く名門クラブを率いる監督の名前は、ラモン・ディアス。元アルゼンチン代表の往年の名ストライカーで、1993年から95年途中までJリーグの横浜マリノス(現・横浜FM)に在籍した。記念すべき93年5月15日のヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)とのオープニングマッチでは、1-1で迎えた後半14分に決勝点をマーク。ゴール後に歓喜する姿は、今も語り継がれる。

 “黄金の左足”を武器にディアスはその後もゴールを重ね、32試合で28ゴールをマーク。鹿島アントラーズのジーコや名古屋グランパスエイトのギャリー・リネカーなど、世界的スターが集結した1年目のJリーグで、見事に初代得点王に輝いた。

 95年の現役引退後は指導者の道に進み、母国の名門リバープレートを率いて96年にはコパ・リベルタドーレスを制覇。トヨタカップ(現・FIFAクラブワールドカップ)出場のために来日を果たしているが、監督を務めてきたのは主にアルゼンチンのクラブで、これまで日本との接点はあまりなかった。

ハッシュタグには古巣のチーム名も表記

 そうした経緯もあってか、2016年からアル・ヒラルを指揮するディアス監督は、ACL決勝で浦和と戦うことが決まったのが感慨深いのかもしれない。20日に自身のツイッターを更新。そこにはタキシードを着た現役時代のディアスが、金色に輝くスパイク型トロフィーを手にした写真が投稿されていた。

 1993年の初代Jリーグ得点王を受賞した際の写真と思われるが、ハッシュタグとして「#yokohamamarinos」「#fmarinos」と古巣の名前も記されており、久しぶりに日本の地を踏むことに思うところがあるようだ。

 アジアの頂点を争う対戦チームの監督として、浦和と激突するとは本人も予想していなかったのかもしれないが、リヤドでの第1戦を終え、11月25日に埼玉スタジアムで指揮を執る元Jリーガーを待ち受ける運命とは、果たしてどのようなものなのか。日本サッカーを知るだけに、覇権の行方を占うキーマンとなるのは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】ラモン・ディアスがツイッターに投稿した、1993年Jリーグ初代得点王受賞時の1枚

https://twitter.com/FcoRamonDiaz/status/921185350424449024

ラモン・ディアスがツイッターに投稿した、1993年Jリーグ初代得点王受賞時の1枚