マツコ「すっごい気持ちいい」ツルツル男急増中のブラジリアンワックスをリポート

写真拡大

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00〜)。10月21日の放送では、今男性客が急増中という、“ブラジリアンワックス”の店から中継をつなぐ。

店の方に話を聞くと「オープン当初は95%が女性のお客様だった。今はもう(男女)半々」と、現在の脱毛事情を告白。最近は“ハイジ男子”といって「アンダーヘアを処理する男性」を指す造語も生まれるほど(アンダーヘアをすべて処理する「ハイジニーナ」から派生。衛生、健康法などを意味する英語「hygiene(ハイジーン)」に由来とされる)。この日取材した店も「30〜40代の普通のサラリーマンがメインで来ている」とのことで、今や男性にとって脱毛は珍しいことではないという。

脱毛をする男性に対して、マツコは「本人がやりたいことを止めるつもりはないけど、私はあえてツルツルにする必要はないかなと思っている」と持論を展開。しかし、鼻毛を抜くという男性が登場すると、マツコも経験があると言い「すっごい気持ちいいよ」と自らの体験を明かす。

ブラジリアンワックスは、通常ある程度剃ってから脱毛処理を行うレーザー脱毛と異なり、長い毛にワックスを塗って、固まった後にベリッと剥がす脱毛方法。番組でも実際に脇を脱毛するという男性の処置に立ち会い一部始終を見せてもらうのだが、そのリアクションはやはり痛そう……。そこで、実際どれほど痛いのか、ヤギこと川端Dが中継中にブラジリアンワックスを体験することに。体を張ったリポートに注目だ。