もっとスタイルが良かったら、もっと痩せていたら……私たちの体にまつわる悩みやコンプレックスは後を絶ちません。でもそれ以上に魅力的なパーツやチャームポイントがあるのに、自分の体をネガティブばかりに捉えるのは止めてみませんか? 堂々とした自信と余裕こそ、いくつになっても女性を美しく見せる秘訣です。
今回は、自分のボディに愛着と自信を持っている女子たちの習慣についてまとめてみました。ぜひぜひ見習ってみましょう!

1: 毎日、全身鏡で自分の体をチェック、まっすぐ向き合うことで愛着も持てる

自分の裸をきちんと直視できますか? もしできないとしたら、それはなぜでしょう? ぷよぷよの贅肉や脂肪が気になるから? でもそれを含めて、自分自身なのです。そしてそんな自分に対し、“かわいくない”、“ブサイク”なんて思うのはまるで自分自身をイジメているも同然、とってもナンセンス! まずはありのままに見つめ、受け入れることから始めましょう。

2: 1日の終わりに、“今日も頑張ってくれてありがとう。お疲れさま”と体を労わる時間を持つ

1日の終わり、ベッドに入る直前に、大きなケガや病気も無く、1日過ごせたことに感謝し、“今日も頑張ってくれて、ありがとう。お疲れさま”と自分の体に優しい言葉をかけてあげて下さい。一見バカバカしいようなことですが、言葉にすることで自分の中でそんな気持ちが芽生え、強まっていきます。それが自分の体に愛着を持てるようになる、大きな一歩。ストレッチやマッサージで労わってあげるのも効果大です。

3: モデルやスリムな人と自分を比べない、“ありのままの自分”を誇りに持つ

そもそも私たちが必要以上に体に対してコンプレックスや劣等感を抱いてしまうのは、他の誰かと比べてしまうから。とくにSNSは人々の自己顕示欲や承認欲が反映されていて、実体以上にキラキラしてまぶしい姿があふれかえっています。そんな姿ばかり見せられていると、自分に自信が無くなってしまうのはムリもありません。
時にはSNSデトックスするくらいの覚悟も持って、他人と自分を比べない勇気と冷静さを持ちましょう。

4: “気持ちいいから”エクササイズをする、決して義務感からではない

自分の体に自信を持っている女子は、よく体を動かしています。でもそれは“もっと痩せなきゃ”という義務感に駆られているのではなく、体を動かしていること自体が心地良く、楽しいと感じているから。だからこそ長続きするし、それがストレス発散にもなります。“楽しい”、“気持ちいい”というポジティブな気持ちが何よりも大切です。

5: 気分が上がる“テーマソング”をかけて、リズムにのって体を動かす

自分の好きな音楽の中でも特にお気に入りの曲を自分のテーマソングにして、曲を聴きながら体を動かしたり、踊ってみましょう。不思議なことに、自分の体に対するネガティブな思いも消えていきます。じっとしていると頭の中でいろんな思いがうずまいてきて、どうしてもネガティブな気持ちに引っ張られがち。そうなる前に、とりあえず体を動かして、気分をあげていきましょう!

6: バスオイル、ボディクリーム…自分の体を好きになれるアイテムに投資する

メイクやファッションにはお金をかけているけど、ボディケアについてはどうですか? もし自分の体に愛着を感じていて、自信を持ちたいと思うなら、もっとお金をかけてあげても良さそうです。高級ブランドのバスオイルやボディクリームは自分ご褒美としても気分が上がるし、ラグジュアリー感のある下着は女としても大いに自信が上がります。