31歳の若々しい首相となるが、彼の人気は排外主義の高まりをも象徴している(写真:ロイター/アフロ)

15日に行われたオーストリアの国民議会(下院)選挙は、セバスチアン・クルツ外相率いる中道右派の国民党(OVP)が31.5%の票を獲得して勝利した。現政権を率いる中道左派の社会民主党(SPO)が26.8%、反移民・反イスラムを掲げる右派政党・自由党(FPO)が26.0%の僅差で続いた(OはいずれもO-ウムラウト)。

2015年の難民危機後に支持を高めた自由党は、圧倒的な人気を誇るクルツ外相の党首就任と移民政策の厳格化を受けて選挙戦終盤で国民党に支持を奪われたが、前回選挙から6%ポイント近くも票を上積みし、2大政党に迫る支持率を獲得した。

ナチスの流れをくむ自由党が勢力を拡大

自由党は元ナチス関係者が結党に参加したドイツナショナリズムを提唱する政党を起源とし、オーストリア政界で2大政党に次ぐ第3勢力としての地位を築いている。1980年代後半にハイダー党首の下で右傾化を強め、過激な反移民政策や2大政党批判で現状不満票を集めた。1999年の議会選で第2党に躍進し、第3党となった国民党とともに連立政権を発足させた。極右の連立入りに反発した欧州諸国が、オーストリアとの外交関係を断絶する事態にまで発展した。

ほかのヨーロッパ諸国に先駆けて、オーストリアが早い時期から極右勢力の脅威にさらされてきたのには理由がある。ヨーロッパの地図を見ると、オーストリアは西ヨーロッパ諸国の中で最も東に位置していることがわかる。北の国境はチェコ、東の国境はスロバキアとハンガリー、南の国境はスロベニアと、多くの東ヨーロッパ諸国と接している。

オーストリアの国名は母国語のドイツ語で「Osterreich(エスターライヒ、OはO-ウムラウト)」と書く。これは「東の国」を意味し、西ヨーロッパの最東端に位置していたことに由来する。オーストリアは今でこそ人口900万人弱、北海道とほぼ同じ面積のヨーロッパの小国にすぎないが、ハプスブルク帝国の最盛期には、東ヨーロッパの全域はもちろんのこと、ドイツ、イタリア、ベルギーに至る広大な地域を支配していた。

音楽の都として名高い首都ウィーンは現在のオーストリアの中で東端に位置し、そこから放射線状に東ヨーロッパの各都市に道路が延びている。これは、かつての国境線が現在よりもはるかに東側に位置したことを意味する。歴史的・地理的な結び付きの強さもあり、オーストリアは今もビジネスや文化交流などさまざまな分野で、東ヨーロッパの玄関口の役割を果たしている。こうした東ヨーロッパとの近接性がオーストリアでの極右台頭と関係している。

オーストリアは人口の1割以上を外国籍者が占める。第2次世界大戦後の労働力不足を補うため、トルコや旧ユーゴスラビアから多くの出稼ぎ労働者(ガストアルバイター)を受け入れたことに加え、東ヨーロッパの諸国から多くの難民や移民を受け入れてきたことが背景にある。1991年から2000年にかけて続いた旧ユーゴスラビア紛争では、延べ10万人以上の難民がオーストリアに逃げ延びてきた。2004年と2007年に東ヨーロッパの旧共産圏諸国が欧州連合(EU)に相次いで加盟し、労働の移動の自由が保障された新規加盟国から、多くの移民労働者がオーストリアにやってきた。

2015年に欧州で難民危機が深刻化するはるか前から、オーストリアは難民や移民の問題と対峙してきたのだった。ハイダー党首率いる自由党が1999年の下院選で今回を上回る26.9%の支持を獲得し連立政権に加わったのも、その後自由党や同党を離党したハイダー氏が新たに旗揚げした未来同盟(BZO、OはO-ウムラウト)が安定した支持を得てきたのも、急増する難民・移民に対するオーストリア国民の不安と無縁ではない。

自由党躍進のもう1つの背景には、伝統的な2大政党が国民の利益代表として機能しなくなってきたことも関係している。

第2次大戦後のオーストリア政界は、都市部のブルーカラーを支持基盤とする社会民主党と、自営業者、農民、ホワイトカラーを支持基盤とする国民党の2大政党が、時に反目し(どちらか一方による単独政権)、時に手を携え(2大政党による大連立政権)、一貫して政権を担ってきた。この2党にドイツナショナリズムに起源を持つ自由党を加えた3政党が、勢力を争っている。ハプスブルク帝国以来のイデオロギーによって3つの「陣営(Lager)」に分断されているのがオーストリア政治の特徴とされる。

国民党は自由党を連立に加える可能性が高い

1980年代に入って環境政党である緑の党、1990年代には自由党内のリベラル勢力が作った政党、最近では新興のリベラル政党・新自由フォーラム(NEOS)などが議席を獲得しているが、いずれも3政党に取って代わる勢力にはなっていない。

ほかのヨーロッパ諸国では多くの場合、右派・左派いずれかの連立政権に加わる中道政党が存在するが、オーストリアには自由党以外の第3極が現れなかった。その担い手として期待された緑の党も今回、選挙戦直前の党分裂などで自滅し、1986年以来守ってきた議席を失った。

このように、長らく2大政党体制が続いてきたことへの不満が、批判政党としての自由党の存在を一段と際立たせている。ハイダー体制下での自由党や未来同盟の連立入りに懲りた2大政党は、過去2回の選挙で大連立を復活させたが、難民危機や汚職問題などで国民の間に不満が広がった。今回、任期途中で連立が崩壊して議会選が前倒しされたことを考えれば、三たび、大連立政権を発足させることは難しく、国民党主導の連立政権に自由党が加わる可能性が高い。

オーストリアでは首相と閣僚の任命権は国家元首である大統領が持つ。大統領は選挙で第一党になった政党の党首に組閣を要請するのが通例で、国民党のクルツ党首が他党との連立協議を主導する。第2次大戦後に21回あった過去の議会選では、投開票日から政権発足までに最短で23日、最長で129日、平均で62日を要している。

2016年の大統領選の決選投票で自由党のホッファー候補を破って就任したファン・デア・ベレン大統領は、緑の党出身の親EU派として知られている。自由党は移民政策を取りまとめる内務省ポストなどを要求している。大統領は選挙結果や連立協議を尊重しなければならないとされ、自由党の閣僚候補の任命を拒否できるかは法律家の間でも見解が分かれている。

2016年の大統領選時に自由党は、トルコがEUに加盟する場合、オーストリアのEU離脱の是非を問う国民投票を実施すると主張していた。最近はEU離脱論を前面に出すことはなくなったが、フランスの国民戦線やオランダの自由党など、欧州各地の反体制派政党と姉妹関係にあり、過去にEUに懐疑的な発言を繰り返してきた自由党の連立入りを不安視する声は根強い。

自由党はロシアのプーチン大統領が率いる与党・統一ロシアと提携関係を結んでおり、自由党の連立入りによるオーストリアのロシア接近を不安視する声もある。EUはウクライナ情勢をめぐって対ロシア制裁を続けており、ロシアは制裁解除に向けた働きかけを強める可能性がある。

親EUだが、難民政策では厳しい要求を突き付ける

次期首相の座に最も近いクルツ氏は現在31歳。歯切れのよい演説とそのイケメンぶりにも注目が集まっている。39歳でフランスの大統領に就任したマクロン氏よりも、さらに一回り若いリーダーがヨーロッパに誕生する。

国民党の青年組織で頭角を現したクルツ氏は、ウィーン市議会や内務省の移民統合事務局長を経て、2013年の前回議会選で全議員の中で最多票を獲得して初当選。初当選と同時に同国史上最年少の27歳で外相に就任し、2015年の難民危機時に国境管理の強化などを主導した。

今年6月に国民党の党首に就任し、世論調査で3番手に低迷していた国民党を勝利に導いた。EUの域外国境管理の強化、不法移民の取り締まり強化、イスラム過激派対策の強化などを訴えている。国民党は親EU政党として知られるが、クルツ首相のリーダーシップと自由党との連立協力の下で、とりわけ移民・難民問題ではEUに厳しい要求を突き付けていくことが予想される。EUの難民危機対応に批判的なハンガリーやポーランドに同調することも考えられる。

オーストリアのEU離脱やEUとの全面対決は想定されないが、オーストリアの東ヨーロッパへの再接近はヨーロッパの分断を象徴するものだ。