美容院やカフェなど、女子なら何かと行く表参道。

ただ、この街で大人の女性同士がディナーをするとなると、意外に選択肢は少ない。そんな時、迷ったら向かってほしいお店が「渋谷二丁目」にある。

表参道駅から徒歩10分。狙うべきは『ビストリス』のお値打ちの本格派コースだ!



アパレルの会社が集まるエリアに近いため、PR系の女性たちの間でも人気の店となっている。

道順は青山学院大学に沿って歩くだけなので初めてでも分かりやすい。仕事終わりの女子会にも最適で、行き帰りの散歩も楽しいお喋りの時間だ。




上質なイタリアンはいつも女性を魅了するものだけれど、ここほど手ごろにいい気持ちになれる店はない。なにせ、前菜、2種のパスタ、メイン、小菓子&コーヒーのコースが¥5,000!

コースをオーダーすれば、食事の途中であれこれ迷うことなく女子トークを続けられるのも嬉しいポイントだ。

こちらのオーナーシェフ對馬幸憲氏は、高級イタリアン『リヴァ デリ エトゥルスキ』の元副料理長。価格を上げる選択肢もあるが、5,000円とする理由をこう話す。

「コースだけの店ですが、気軽にふらっと入ってほしいと思いました。うちは街場の店ですから」

『ビストリス』という店名がイタリアの舞台で使われるアンコールのかけ声を意味しているため、内装も舞台をイメージしてつくられた。厨房の見える窓があり、さらに客席隣のカウンターで料理が仕上げられるのもユニークだ。


他では味わえない!これがコース¥5,000の全貌だ!




そんな身近な空気感でいて、食事は本格的。¥5,000コースは、まずは海老の足の唐揚げも添えられている海老の前菜から。女子会にふさわしい華やかなビジュアルで、一品目から気分が上がる。

この後に続くメニューにも自然と期待が高まる。




2種提供されるパスタは、まずは中にカボチャとリコッタチーズの入ったアニョロッティから。赤、白問わず好みのワインと合わせて楽しみたい。




続いてのパスタは、モンサンミッシェルのムール貝とケール、サルデーニャのカラスミによるタリアテッレ。魚介の香り、パスタの食感が印象的だ。




そして、メインはハンガリー産ポーク。焼いては休ませを繰り返した丁寧な火入れで実現する、舌と一体化するようなしっとりとした食感は、思わず目を閉じたくなる瞬間だろう。メインの後は、小菓子&コーヒーが提供される。




お料理がお値打ち価格だから、ワインもつい進んでしまうはず。個室なら、秘密のガールズトークをしたっていいだろう。

「今日はどこに行こうかな」と表参道で迷ったときの選択肢として覚えておきたい一軒だ。

※コースの構成は季節や食材の入荷状況によって変更あり




本日発売の月刊誌「東京カレンダー12月号」は一冊丸ごと、渋谷特集!

大人が再び「渋谷」に行きたくなる情報だけ掲載!


渋谷は若者だけの街じゃない!大人が本当に使える渋谷の情報は最新号「東京カレンダー12月号」に!

恵比寿、表参道には行くけど、最近、渋谷に行っていない、そんな大人に捧げる保存版・渋谷パーフェクトバイブルだ!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は10/21(土)!