アメリカの情報機関・CIAでは爆発物の検知やパトロールなど、日本の警察犬に相当する活動の訓練を行い、実際に現場で活動するK9という部署が存在します。今回、そのチームからある犬の処遇について発表された内容が話題になっています。

K9で訓練を受けていたラブラドール・レトリバーの「ルル」について、ツイッター(@CIA)と公式サイトで「ルルに対する訓練を取りやめた」と発表しました。

その理由は「ルルが爆発物の発見に興味がなく、訓練を楽しんでいない」というものでした。

Twitter/@CIA

悲しいアナウンスですが、数週間のトレーニングで、ルルは爆発物の臭気に興味を示しませんでした。

「ルルは明らかに訓練を楽しんでいなかった」

CIAの公式アカウントはWebサイトのインフォメーションのページに経緯を公開し、同時にツイッターへ同じ内容を投稿しました。

Twitter/@CIA

すべての犬には、人間と同じく何かを学ぶ時に調子がいい時間と悪い時間があります。私たちの訓練犬も同じく、たいてい1日か2日はそうした日が続きます。

Twitter/@CIA

なぜ犬が訓練を怠ける日があるのか、それには100万もの理由があります。そして私たちトレーナーは犬の助けになることを把握する犬の心理学者になる必要があります。

犬が怠けて訓練に集中しないということは珍しくなく、1日か2日程度遊ばせたあとに訓練を再開すると、熱心に訓練を続けるのが一般的だそうですが、ルルの場合は違いました。

Twitter/@CIA

「ルルはもはや爆発物を探すのに興味がありませんでした。彼女は明らかに楽しんでいませんでした」

こうしてK9のトレーナーは、ルルの訓練を止める決断をしました。

「私たちトレーナーの心配ごとは訓練犬の身体的、かつ精神的な幸福なので、トレーナーは最善策としてルルを訓練プログラムから外すという、極めて困難な決断を下しました」(公式サイトより)

Twitter/@CIA

ルルがいなくなるのは寂しいですが、ルルにとって正しい決定なのです。私たちはルルの新しい生活がベストなものであることを祈っています。

ルルにとって最善の道をありがとう

K9の投稿に対して、ツイッターでは100件以上もの反響と、5000件以上の「いいね!」が返ってきました。

「なんと素晴らしい投稿でしょう。犬も人間と同じ…仕事が出来たとしても好きだから、向いているからとは限りませんね。ありがとう、CIA。ルルにとって最善の道を心から考えてくれて。ルルは愛されてる女の子みたいですね。」

「いい話だわ」

「とても素敵な投稿。ルルの話をありがとう!」

「ルルを無理に訓練させようとしなかったことに尊敬します」

ルルのハッピーな引退をお祝いします!なんていい子なの!

新しい家庭で新しい生活をスタート

ルルは訓練士の家庭に引き取られ、先に暮らしていた犬たちや家族と楽しく暮らしているそうです。

Twitter/@CIA

ルルは訓練士に引き取られ、毎日を子どもたちや新しい友だちと楽しく遊び、庭に来たウサギやリスの臭いをかぐ日々を楽しんでいます。

犬は刺激臭なら人間の1億倍もの嗅覚を持っていると言われ、その力を役立てるべく世界中で活躍しています。

しかし、犬にも人間と同じように個性があり、向き不向きがあるのです。犬自身のことを第一に考え、適性や興味を重要視する姿勢は、とても素晴らしいですね。