公益財団法人イオン1%クラブと在中国日本大使館の共催で、2017年「日本小大使」歓迎会が北京市で行われた。

写真拡大

公益財団法人イオン1%クラブと在中国日本大使館の共催で、2017年「日本小大使」歓迎会が北京市で行われた。在中国日本大使館の横井裕大使、四方敬之公使、植野篤志公使、北京市人民政府外事弁公室の熊九玲主任、高志勇副主任、イオン1%クラブ横尾博理事長などの来賓のほか、中日両国から「小大使」140人が同イベントに出席した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

横井大使は、「『小大使』交流イベントは2009年に開催されて以来、これまで1200人近くの中日両国の学生が参加。参加者全員が日中友好交流に実際的な貢献をしている。『小大使』たちには交流を通して、今までにない経験をし、新しい友達と出会い、今までにない感動を味わってほしい。相手の国の言語を学び、文化の違いを理解することに努め、両国の友好関係強化のため積極的に交流して欲しいと思う」とあいさつした。

横尾博理事長は、双方の文化の違いを理解することは国と国が交流する上で非常に重要なことであるとし、中日両国の高校生は互いの国を訪問し、違いを発見し、その違いを理解することで初めて、長期的且つ深い友好関係を築くことができるとの見方を示した。

今回訪中した日本小大使はそれぞれ東京都や大分県大分市、北海道札幌市の4つの高校の生徒で、1週間で北京市と湖北省武漢市、山東省青島市の3都市で観光名所めぐりや、中国伝統文化の体験、また現代中国と急速な成長を遂げたシェア経済を体験する予定。更に最後の3日間は中国人家庭にホームステイし、教科書では学べない多彩な中国の一面に触れる。

東京学芸大学付属高校の生徒は、「中国に来る前は、本やテレビ等で紹介された中国の偏った情報しかなく、同世代の中国人学生と接する機会もなかった。今回の1週間の交流イベントで、中国をよく見て、聞いて、体験して、感じて、中国人の考え方をもっと理解したい。そして、現実の中国を周囲の人たちに伝え、日中間の友好促進に貢献したい」と話した。

また今年の7月10日から17日まで、中国人高校生小大使70人が日本へ訪問した際にも、今回と同様に1週間で日本の大学を見学し、日本グルメを味わい、日本の伝統工芸及び現代のテクノロジーの発展を体験した。今回、17日夜に行われた同歓迎会にも、中国各地からこれら中国の小大使らが駆けつけ、7月に別れた日本の友人たちと3カ月ぶりの再会を果たし、秋の深まった北京で再度友情を確かめ合った。武漢外国語学校の生徒は、「私にとって4回目となる日本行きとなった今年の7月、東京以外にも、武漢市の友好都市である大分市を訪問した。毎回日本に来るたびに日本社会の様々な面における秩序の良さに驚かされている。日本人家庭にホームステイしたことで、日本人に対する理解がより深まった。また小大使交流イベントを通じて、たくさんの日本人と友達になった」と話した。

日中両国の小大使たちは、「中国と日本で食べる中華料理の味はまったく違うので本場の北京ダックを食べてみたい」、「北京の秋の風景はとても美しいと聞いた、万里の長城を登るのが今から楽しみ」、「札幌と比べて北京の人の方が忙しそうに見える。交通面ではとても進んでいるように感じた」、「日本のゴミの分別が非常に印象深かった」、「日本の友達の優しさはずっと忘れない」とコメントしたように、それぞれ友好と好奇心と期待を胸に抱き、互いの距離を縮め、理解を深め、友好関係を促進させた。それはまさに、「小大使たちが日本へ帰国後、中国で見聞きしたことを家族や友達にも共有し、正真正銘の中日両国の『小大使』となってくれることを期待している」と熊九玲主任が挨拶で述べた姿そのものだった。(提供/人民網日本語版・編集TK)