abemaTV「徹の部屋」10月8日放送回より、見城徹・幻冬舎社長と安倍晋三首相

写真拡大

 本サイトでも取り上げた幻冬舎社長・見城徹による安倍首相PR番組の放送問題だが、どうも"安倍狂いの出版社社長の暴走"という話ではすまなくなってきた。

 この一件を改めて説明しておくと、総選挙の公示日2日前の10月8日夜、インターネットテレビ・AbemaTVで見城氏がホストを務めている番組『徹の部屋』に安倍首相が生出演。そこで、見城氏が、「ずーっと安倍さんのファン」「日本の国は安倍さんじゃなきゃダメだ」「世界が外交においても認めている総理大臣は誰もいない」「(独裁と呼ばれるのは)あまりにも実行力がありすぎるからだよ」「すごくハンサムですよ。内面が滲み出ているお顔ですよ」などと歯が浮くようなヨイショ発言を連発。聞いていて恥ずかしくなるような"接待放送"を繰り広げたというものだ。

 幻冬舎の見城氏といえば、これまでも選挙のタイミングで、『約束の日 安倍晋三試論』(小川榮太郎)、『総理』(山口敬之)といった政権PR本を出版。また2015年には、安倍首相を中心に秋元康氏らと一緒に総理公邸で撮られた「組閣ごっこ写真」が流出したこともある。言わずと知れた安倍首相の有力な"お友だち"のひとりだ。しかし、マスコミ幹部が総選挙公示直前にここまで露骨なPRを展開するというのは、前代未聞だろう。

 当然、この番組内容に対して、ネットはもちろん、報道関係者、出版関係者、さらには水道橋博士や小林よしのりら文化人からも厳しい批判の声が飛び出した。水道橋博士はこの見城社長と安倍首相のやりとりに〈是非、若者に見て欲しい。これが将来勝ち組になるオトナの会話だ。これくらい「飲み屋でやれ!」と思う映像も珍しい。〉とツイートしたが、まさにそのとおり!と言うしかない。

 しかも、この見城社長による露骨な安倍ヨイショ番組の放送を批判しているのは外野だけではない。ほかでもないテレビ朝日の内部から、怒りの声が噴き出てきているのだ。

 というのも、見城社長はテレビ朝日の放送番組審議会の委員長を務め、その立場で同局の安倍政権に批判的な報道にさんざん圧力をかけてきたからだ。たとえば、『報道ステーション』に対しては審議会で「政権批判だけでなく評価もすべき」という趣旨の発言をしたことが明らかになっている。それが、今回、自分は一方的に安倍政権をヨイショしまくったのだ。

「今回の放送にはさすがに局内からも激しい批判の声が上がっています。何しろ、我々の報道に『一方的だ』などといちゃもんをつけておいて、自分はあんな露骨な政権PR放送をやっていたわけですから。偏向しているのはそっちだ、という話ですよ。もともと、見城氏に対しては『こんな政権べったりの人間を番組審議会のトップにしていていいのか』という不満がくすぶっていましたが、今回のAbemaTV問題で、不満の声は最高潮に達している」(テレビ朝日関係者)

 しかも、見城社長のヨイショ放送にはもうひとつ、大きな問題がある。それは安倍首相が生出演した見城氏の番組『徹の部屋』を放送しているAbemaTVが、テレビ朝日の関連会社だということだ。

 インターネットテレビ局である株式会社AbemaTVは、テレビ朝日が40パーセント、サイバーエージェントが60パーセントを出資。取締役会長には早河洋・テレビ朝日会長、代表取締役社長に藤田晋・サイバーエージェント社長が就任、角南源五・テレビ朝日社長も取締役に就いている。

 今度はテレビ朝日中堅幹部が声を潜めてこう話す。

「AbemaTVの設立はうちの早河会長とサイバーの藤田社長、トップ同士が独断で決めたものなんですが、この両者を繋いだのも、見城さんなんです。見城さんはテレ朝の番組審議会の委員長を務める一方、早河会長と安倍首相を繋げ、会食を重ねる昵懇の関係をつくり上げたわけですが、その番組審議会に、自分と昵懇の藤田氏も招き入れた。で、見城さん、藤田社長、早河会長の3人がしょっちゅうつるんでいろんな計画を進め始めた。そのひとつが、AbemaTVというわけです。AbemaTVで、見城さんが好き勝手やれる番組をもたせたのはその流れの結果でしょう」

 ようするに『徹の部屋』は、テレビ朝日の〈放送番組の適正を図る〉(放送法6条)べき組織に属する人物たちが、他ならぬテレ朝の出資で行なっているネット番組だったのである。そんな番組で、こんな政権PRをやるというだけでも言語道断だが、じつは、今回の安倍首相出演と露骨な放送内容についても、あらかじめ、テレビ朝日側、早河会長は了承済みだったのではないかと言われているのだ。

 というのも、テレ朝はAbemaTVと『徹の部屋』の問題を視聴者から指摘される場合に備え、なんとあらかじめ"クレーム対応の文言"まで準備していたというのだ。

「"AbemaTVの放送内容は当社の見解ではなく、かつ、公示前の放送である。当社として問題があるとは考えていない"という趣旨の対応コメントが事前に用意されていたと聞いています」(前出・テレビ朝日中堅幹部)

 つまり、『徹の部屋』の安倍首相生出演&激烈ヨイショは、安倍応援団の見城社長とテレ朝最高幹部の早河会長がグルになって、放送法や公職選挙法の抜け道をかいくぐって世に送り出した、意図的な"安倍政権応援放送"だった可能性があるのだ。

 じつはこのAbemaTVをめぐる、見城氏および藤田氏と早河会長の関係については、今年6月29日のテレビ朝日株主総会でも問題視されていた。前述とは別の関係者がそのときの様子をこう語る。

「総会ではAbemaTVと『徹の部屋』を名指しするかたちで、見城氏と藤田氏がテレ朝の番組審議会委員であることは利益相反にあたるのではないかとの強い疑義が呈された。早川会長の指定で、広報やコンプラ関連を統べる両角(晃一)取締役が応答したのですが、ところが、口から出たのは彼らへの惜しみない賛辞。とくに見城氏に対しては『大変に高い見識をおもちの方』とか『当社としても大変感謝してございます』などと絶賛の嵐でした。一方、番組審議会については『公平なチェック機関として機能を十分に活かしています』とだけ言って終わらせてしまった」

 だが、今回の『徹の部屋』のあまりに露骨すぎる放送によって、このAbemaTV問題が再燃するのは必至だ。当然、次の株主総会では大きな問題になるだろうし、選挙後に告発の動きもあるのではないかともいわれている。
 
 しかし、一方で、テレビ朝日の安倍応援団による侵食は確実に影響を強めている。5月の安倍首相と早河会長、篠塚浩取締役報道局長、伊井忠義政治部長らの会食の直後、テレ朝の政治部記者が菅偉義官房長官の会見で"助け舟"質問をしたり、森友・加計問題追及の先陣をきってきた『羽鳥慎一モーニングショー』で、急に政権批判がトーンダウンしたり、また、8月には『グッド!モーニング』が加計問題をめぐり、安倍首相の側近である萩生田光一・自民党幹事長代行に全面謝罪する場面があった。

 テレビ朝日はこのまま、安倍一派に私物化されてしまうのか。それとも、自浄作用を発揮できるのか。その動向を今後も注視していく必要があるだろう。
(編集部)