ウトウトと眠る子猫の動画が可愛すぎると、Twitterで話題になっています。

ウトウトと眠る子猫動画

nomukaさん(@nomuka53812222)は10月14日、暖かい場所でウトウトと眠る子猫の姿を写した動画をTwitterに投稿しました。

子猫は迷い猫で、義理のお姉さんの家に突然現れたんだとか。

しばらくすると、子猫は暖かい場所でウトウト…心地よさそうに眠り、体がクラクラしています。

Twitter/@nomuka53812222

そして体を支えきれずに、コテッと転んでしまいました。

少しボーっとしつつも、再び眠りに就く子猫。とっても可愛らしいですね!

Twitter/@nomuka53812222

ツイートには「とりあえず可愛いっ!!」「安心しちゃたのかな」「ホッコリしました」といった声が寄せられ、「いいね」も9万件を突破していました。

展開を予想して動画撮影!

動画を撮った時の状況について、nomukaさんはこう語っています。

動画は10月9日の午前8時すぎ、千葉県白井市にて撮影しました。その日の朝、妻から電話で「姉ちゃん家の車庫に子猫がいる!」と起こされたんです。

子猫を見に行くと、義姉家の駐車場でおびえた子猫がいました。かなりおなかが空いていたようで、与えた子猫用のキャットフードを夢中で食べていました。

Twitter/@nomuka53812222

おなかがいっぱいになった子猫は辺りを走り回り、お日様が当たる場所で休んでいました。

すると子猫がウトウトし始めたので、私と妻はこの後の展開を予想して動画撮影をしました。

暖かい場所で子猫は睡魔に襲われ、ついに可愛い瞬間を撮らえました。同時に今年の運を使い果たした気がしました。その後、1週間以上経過して毎日ご飯を食べてくれますが、少ししか近づけません。

Twitter/@nomuka53812222

今後の予定としては、もう少し警戒心が薄れてから子猫を保護して獣医師に相談し、可能ならうちの先住猫さんの家族になってもらいたいと考えています。

実は数カ月前にも別の子猫を保護していたんです。シャムの毛並みできれいなブルーの目で、大きくなったらきっと素敵な猫になると期待をしていました。

しかし、保護して獣医師に相談した翌日から子猫の体調が急変し、毎日動物病院に通って手当てをしていました。その5日後に旅立ってしまい、助けられずに悔しい思いをしていました。感染力の強い悪性の寄生虫に感染していたようです。

Twitter/@nomuka53812222

反響については、正直驚いております。「いいね」が300件くらいはいくかもとは思っていましたが…。

これほどの反響があるとは考えていませんでした。また、Twitterの影響でiPhoneがハングアップすることを初めて知りました!

子猫の警戒心が解けるまで、もう少し時間は掛かるようですが…。いつか、nomukaさんの家族としてこの子を迎える日が来るといいですね。

※この記事のツイートと動画はnomukaさん(@nomuka53812222)の許可を得て掲載しています。