ポケモンの「ドードリオ」と「キャタピー」。ずいぶんと手抜きなコスプレだけど雰囲気は伝わる……。

10月31日はハロウィン。日本でもコスプレをする人が年々増え、今まで無縁だった人でもハロウィンパーティに参加する機会があるかもしれません。

とは言えコスプレ初心者がいきなりガチな仮装を用意するのは、なかなかハードルが高いもの。

手抜きなのにクスッとなる、海外コスプレの例をご紹介します。

 

Very Simple But Crappy Halloween Costume Ideas

1.

よくあるWEBページが見つからないときのエラー表示と思いきや……。
「コスチュームが見つかりません」

2.

映画「キャスト・アウェイ」のウィルソン。

3.

「ストライキ中のヌーディスト」
ぜひストライキ中じゃないときに……。

4.

顔にBOOKでFacebook。

5.

リアル顔を使ったインスタのプロフィール。

6.
[画像を見る]
自撮りの枠のつもり。

7.
[画像を見る]
ハッシュタグ。

8.
[画像を見る]
手抜きだと言われたらナマケモノに変身できるTシャツ。

9.
[画像を見る]
現場で描き足すだけで間に合うダブルフェイス。

10.
[画像を見る]
ダンボールマン。

11.
[画像を見る]
フォトショップの範囲指定。

12.
[画像を見る]
スナップチャットの犬フィルター。
日本だったらSNOWあたりの定番フィルターをプリントアウトしておけばバッチリ。


以上、アイデア勝負なコスプレでした。

参考になれば幸いです。

【手抜きだけどクスっとなる海外のコスプレ集…ハロウィン初心者もこれでバッチリ?】を全て見る